東北地方太平洋沖地震
金融|がん保険|相性占い
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
8.地殻変動
8.2.地殻変動・沈降(地盤沈下)
本震および、余震を含む余効変動により、大きな地殻変動が発生した。東日本全域が東方向に10cm以上移動するなどその範囲は広い。東北から関東、甲信越までの東北日本の地殻は普段より太平洋プレートの沈み込みによる西方向への圧縮力を受けていたが、東北地方太平洋沖地震とその後の余効変動では逆に東方向への引っ張り力を受けており、地震活動の変化が懸念されている。また陸側の太平洋プレート上の震源域付近では隆起、震源域の西側では沈降が発生したため、東北から関東にかけての太平洋岸では軒並み地盤沈下が起きて二次被害をもたらしている。震源に近いところではさらに大きな地殻変動が起きていて、研究によっては震源に近い海底で東に推定50m以上という、世界の地震観測史上類を見ない急激な移動が生じた。
国土地理院の計測による上下方向の最大移動は、宮城県石巻市鮎川浜の電子基準点付属標「牡鹿」で1.14m沈降である。
国土地理院の計測による水平方向の最大移動は、宮城県女川町江島の二等三角点「江ノ島」での東南東方向5.85mである[212]。また、岩手県陸前高田市で4.473m、東京都足立区で0.41m動いた。遠い所では新潟県村上市1.41m、石川県輪島市0.58m、福井県勝山市0.26m、岐阜県飛騨市で0.33m移動している。なお3月12日の長野県北部地震 (M6.7) は、水平移動0.92m[213]の場所で起こっている。
国土地理院の計測によると、すべての日本の地図経緯度)の基準となる東京都港区麻布台(狸穴)にある日本経緯度原点が、27.67cmだけ真東へ移動した。また、国会前庭にある日本水準原点が、24mmだけ沈下した[214]
陸域観測技術衛星 (ALOS)「だいち」のレーダーからも、広範囲で地殻変動があったことが解析された[215][216]
同上の地球観測研究センターでは被災地の地球観測衛星写真を公開している[217]。また、GoogleGoogle EarthおよびGoogle マップで被災前後の地球観測衛星写真を公開している[218]
海底基準点(海底に設置された電子基準点)のデータでは、震源域のほぼ真上に位置する「宮城沖1」が東南東に約24m移動し、約3m隆起したものが最大であった。他の地点でも、「宮城沖2」が東南東に約15m移動し約60cm沈下、「福島沖」が東南東に約5m移動するなどのデータが観測された。「宮城沖1」は本震だけで約20m以上移動したと見られ、これらの観測結果により、震源付近の海底の移動距離は陸上の約4倍以上となることが確認された。(本震前と約3週間後の3月28日 - 29日の比較、GPS観測、海上保安庁4月6日発表[199]
宮城県沖の太平洋プレートの移動は、地震前は年8.3cmだったが、2012年9月以降は北西方向に年18cmだったことが分かった[220]
海洋研究開発機構の調査によると、震源近くから海溝付近では、南東〜東南東に約50m、上方に約7mから10mの地殻変動があった[156]
本地震による津波が陸地をさかのぼったことに加えて、広範囲で地盤沈下が発生したことで、東北地方太平洋側の海岸が一部沈没した。津波によるものと地盤沈下によるものを合わせた浸水面積は、青森県から千葉県までで合計561km2に達した。海岸線の一部沈没により一部自治体の面積が減少し、将来的に地図の書き換えが必要になると考えられるが、国土地理院は被災地に配慮し、地図の書き換えは当面行わないとした。自然災害による面積の変更は例が無いという[201][222][223]国土地理院は平成23年(2011年)4月5日から10日にかけて3県13市町28か所の水準点三角点電子基準点標高計測し、以下の通り地盤沈下の変動量を発表した[224][225][226]

地震後は余効変動が継続し、GEONETによる観測結果から地震時に沈降した茨城県沿岸から宮城県沿岸にかけては地震2年後の調査時点で余効変動により隆起に転じ部分的に回復したが、三陸海岸北部では依然沈降が続いていることが判明した[228]。また、この余効変動は本震より深部のプレート境界滑りによるものと考えられるが、その回復的隆起は小さい。東北地方太平洋岸は10万年スケールの地質学的なデータでは年間約0.5ミリメートル隆起していると推定されるのに対し、100年スケールの測地学的な観測データは沈降を示しており、さらに今回の超巨大地震で大きく沈降し余効変動でも相殺できるとは考えにくく矛盾があるとされた[229]
地震から約4年後の2015年2月のGPSによる観測結果では、地震直後に比べて地盤がかなり隆起した[230]。沈降分をかさ上げして復興したため、漁業者は高すぎる岸壁に困っている[231]
38cm・・・石巻市大字寄磯浜
36cm・・・女川町大字女川浜
32cm・・・東松島市矢本
29cm・・・南三陸町志津川
21cm・・・気仙沼市笹が陣
19cm・・・岩手県大船渡市赤崎町
フレッツ光|賃貸|資格
相性診断|手相|現金
ギフト選びなら楽天市場へ
結婚祝い・出産祝い・内祝い…贈るシーン別に探せる♪
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(8.1.地震活動の変化)
[6]次ページ
(8.3.自転への影響)

156. “東北地方太平洋沖地震震源域近傍の海底地形変動〜海溝軸まで達した断層破壊〜”. 独立行政法人海洋研究開発機構 (2011年12月2日). 2012年1月14日閲覧。
212. 県別の水平方向及び上下方向の最大変動量:国土地理院:2011年10月28日
213. 東北地方太平洋沖地震だけによる変動は約70cmと推定されている。
214. つくば市にあるVLBIによる観測と、GPSによる観測を照合して決定された。
215. 2010年10月28日と本震4日後の2011年3月15日の比較、陸域観測技術衛星 (ALOS)「だいち」のLバンド合成開口レーダー観測、JAXA地球観測研究センター3月16日発表
216. “陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)による東北地方太平洋沖地震の緊急観測結果(6)”. 宇宙航空研究開発機構地球観測研究センター. 2011年3月16日閲覧。
217. “画像ギャラリー”. 宇宙航空研究開発機構地球観測研究センター. 2011年3月16日閲覧。
218. 【東日本大地震】Google、被災地の衛星写真を公開 椿山和雄、レスポンス,(msnニュース配信)、2011年3月13日
219. “東日本大震災:宮城県沖海底24メートル移動 海保が観測 - 毎日jp(毎日新聞)”. 毎日新聞. 2011年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月14日閲覧。
220. 「宮城沖プレート 沈む速度2倍に」日本経済新聞2015年11月16日朝刊13面
221. asahi.com(朝日新聞社):地震で日本狭くなる? 地盤沈降で水没、地図書き換えも - 社会
222. 国土地理院によれば。また浸水地域に近い陸地では、潮汐(満潮)や波浪による浸水被害が発生していて、防潮堤が被害を受けて機能していない後背低地などで被害が長期化している。
223. 雨降らないのに冠水 石巻市中心部地盤沈下深刻 旧北上川の水逆流 三陸河北新報、2011年7月22日。
224. “平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震に伴う地盤沈下調査”. 国土地理院 (2011年4月14日). 2011年4月16日閲覧。
225. 気象庁発表と読売新聞2011年4月15日13S版33面
226. “陸前高田84センチ沈下 国土地理院調査”. 河北新報. (2011年4月15日). オリジナルの2011年4月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110416093654/http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110415t33007.htm 
228. 国土地理院: 特集・平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震から2年
229. 東大地震研 広報アウトリーチ室 なぜ沈降 (PDF) 地震研究所ニュースレター
230. 沿岸の観測局の変動量の一覧国土地理院・・・から計算
231. 「地盤が隆起 漁業者困惑」日本経済新聞2015年3月9日38面

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/12/04 18:32
転職|懸賞|ほくろ除去
無料占い|四柱推命|性格診断
ソ人気記事ランキング
2017/12/14 更新
 1位パンパン
 2位野村沙知代
 3位団野村
 4位12月13日
 5位ラクチョウのお時
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant