東北楽天ゴールデンイーグルス
▼人気記事ランキング
8.ユニフォームの変遷
8.1.ホーム用
白地で、胸ロゴは鷲の翼章付き「EAGLES」。その上に小さく「RAKUTEN」の文字があり、胸ロゴ・背番号・胸番号・帽子マークにはえんじ色の文字に黄色の縁取りが施されている。
2005年 - 2010年:シャドー・ストライプが広めの等間隔に入っていた。
2011年 - :胸番号・背番号・背ネームの字体が前年からビジター用(後述)のユニフォームで採用されているものと同じとなった。さらに、東日本大震災の犠牲者に哀悼の意を込めて左袖に袖を一周するリング状の喪章、震災からの復興の願いを込めて左腕に「がんばろう東北」のワッペンを追加した(喪章は2011年のみ採用)。また、同年からはキャプテン制度導入に伴い、キャプテン選手[116]にはキャプテンマークとして、ユニフォームの右胸に「C(ホーム用は金色縁に赤、ビジター用は金色縁に白)」のワッペンが付いている。2014年、胸番号・背番号・背ネームの字体が再度変更された。
2013年の「レジェンド・シリーズ2013」では、ビジターゲーム(8月30日 - 9月2日福岡ソフトバンクホークス対東北楽天ゴールデンイーグルス (福岡 ヤフオク!ドーム))でもホーム用ユニホームを着用して試合を行った。
2018年 :ユニフォームの肩と脇腹のラグランラインがなくなり、袖口と襟にゴールドとクリムゾンレッドのラインが追加された。また胸番号、背番号、背ネームの字体が変更されたほか胸ロゴの「EAGLES」や帽子マークの縁取りも黄色からゴールドに変わった。
[4]前ページ
(8.ユニフォームの変遷)
[6]次ページ
(8.2.ビジター用)

116. 2011年は鉄平、2012年は松井稼頭央

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/05/19 12:31
ソ人気記事ランキング
2018/05/22 更新
 1位朝丘雪路
 2位津川雅彦
 3位かぐや姫の物語
 4位西城秀樹
 5位星由里子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant