東日本大震災
▼人気記事ランキング
5.報道
5.4.インターネット
情報提供の手段としてインターネットを利用した対応が行われており、テレビではNHKと民放各局(日本テレビ・テレビ東京を除く)で「停電などでテレビを見られない視聴者への配慮」として、番組をニコニコ動画、Ustream、Yahoo! JAPANでリアルタイム配信した[304]。ニコニコ動画では、NHK、フジテレビ、TBSニュースバードの許諾を得た上で、ライブストリーミング配信(NHKは総合テレビジョン・NHKワールドTVをリアルタイム配信)を行うとともに[305]独自の緊急生特番も実施し[305]、これらの配信はアカウントなしで視聴が可能になっていた[305]。Ustreamでは、NHK(総合テレビジョン・NHKワールドTV)、テレビ朝日、TBS(TBSニュースバード)、フジテレビ、テレビ神奈川、Yahoo! JAPANでは、NHK(総合テレビジョン・教育テレビジョン)のライブストリーミング配信を行った[306]。なお、インターネット対応が行われたきっかけは、地震発生から約17分後に1人の中学生が行っていたNHKの臨時ニュースの無断配信からとされている[307]

[4]前ページ
(5.3.出版・印刷)
[6]次ページ
(5.5.報道規制)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/05/22 02:00
ソ人気記事ランキング
2019/05/26 更新
 1位日本
 2位小嶺麗奈
 3位キングコング: 髑髏島の巨神
 4位田口淳之介
 5位5月25日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant