サービス終了のお知らせ
東大寺
▼人気記事ランキング
6.大仏による水銀公害説
長崎大学教授の白須賀公平が、大学等環境安全協議会会報に寄稿した論文「水銀蒸気で二十万(推定)都市が潰滅」の中で、東大寺の大仏(盧舎那仏)建立当時に施された金めっきによる水銀公害で平城京が潰滅したとの仮説を立てている。

東大寺要録の記録によると、当時施された金めっきには10,436両(約375キロ・グラム)と水銀58,620両(約2,110キロ・グラム)が使用されているが、当時の金メッキ技術は、金と水銀の合金であるアマルガムをめっき対象物に塗り、その後炎によって水銀を気化させ金だけを残すという手法が執られていた。白須賀の仮説では、この際に発生した大量の水銀蒸気が平城京を覆い、水銀中毒症状が蔓延して祟りと恐れられたため、平城京はわずか74年で打ち捨てられ、長岡京に遷都したのだとしている。

2006年2月26日に放送されたテレビ朝日素敵な宇宙船地球号」の第418回「水銀の不思議」は、この仮説に基づいて番組編成が行われた[32]

[4]前ページ
(5.社会事業)
[6]次ページ
(8.アクセス)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/18 15:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant