東京地学協会
▼人気記事ランキング
4.日本の地球科学界における役割
東京地学協会が、西洋的地理学を日本へ導入し、それが発達するに伴い、地理学は自然地理学の分野において成長してきた。その後、人文科学の発達が地理学の中にも及び、人文地理という分野が発達し、さらに、社会科学的方法による経済地理や社会地理が発達した。このことから、西洋的地理学は現在における日本の地理学の発展への一歩として不可欠なものであり、東京地学協会の果たした大きな役割の1つは、その一歩を踏み出したことである。また、海外の調査研究を数多く行い、その調査結果の分析・研究を深め、国内に限らず地球規模での研究を重ね、地球科学の発展に貢献している。近代に入ると地質鉱物学、地理学、地球物理学など、専門的に分化した地学の諸分野に科学的見地からアプローチを行い、その研究成果と、社会とを結び付ける役目を担っている。

[4]前ページ
(3.歴史)
[6]次ページ
(5.なぜ地理学でなく地学なのか)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/13 16:33
ソ人気記事ランキング
2020/01/23 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位宍戸錠
 5位清美川梅之
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant