サービス終了のお知らせ
東京銀行
▼人気記事ランキング
3.三菱銀行との合併
1995年(平成7年)3月28日午後、日本経済新聞三菱銀行との合併がスクープされ(同日常務会での合併覚書への調印決議)、1996年(平成8年)4月に合併し東京三菱銀行となった。外国為替銀行法に基づき、業務に制約のある東京銀行を存続会社とするのは現実的ではなかったため、三菱銀行を存続会社とし、合併比率も持ち株ベースで1:0.8と数字上三菱銀行に吸収される形で東京銀行は消滅したが、現在の 三菱UFJ銀行 の沿革図中[3]に書かれる「横浜正金銀行−東京銀行」の位置を見てもわかる通り、事実上対等(もしくは、やや東京銀行側寄り)な合併であり、国立銀行条例に基づき政府の1/3出資により設立された横浜正金銀行を源流とする特殊銀行(外為銀)である東京銀行のブランド性と、富豪の金融事業に端を発する三菱銀行のボリューム力が、互いの求める部分に合致した非常に合理的な相互補完であった。また、この合併比率は東銀側に有利な算定であったとも言われる。

新銀行発足当初の役員人事は、初代頭取を旧東銀出身の高垣佑(たすく)としたのをはじめ、見事なたすきがけ人事であったが、高垣の退陣後、東京三菱銀行および現在の三菱UFJ銀行に至るまで、旧東銀出身者が頭取に就任した実績は皆無である。最後の頭取であり、東京三菱銀行の初代頭取も務めた高垣佑は、初代三菱商事社長・高垣勝次郎を父に持ち、生まれながらにして三菱グループびいきの人物との評があった。東京三菱銀行の誕生は、このような高垣の人的バックグラウンドが大きく作用したと言われる。

三菱銀行との合併の際、新銀行名は「東京」を先に「三菱」を後ろに据えた「東京三菱銀行」( BTM: Bank of Tokyo-Mitsubishi )としたが、これは東京銀行が吸収した側であることを示すものではなく、単なる名(銀行名や頭取)と体(存続会社や本社機能所在地)のたすきがけであり、また、海外での東京銀行の知名度の高さを意識したCI戦略のひとつでもあった。その後東京営業部と本店の統合がなされ、旧東急百貨店日本橋店脇にあった(旧三菱銀行の)日本橋支店が東京営業部跡へ移転し[4]、預金は日本橋支店(現: BTMU日本橋支店 )もしくは本店等に移管された。

その後2006年1月に、東京三菱銀行がUFJ銀行を救済合併(吸収合併)した際は新銀行名を三菱東京UFJ銀行(BTMU: Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ)とBank of Tokyoを残し、海外との決済などで使われるSWIFTコードは 旧 東京銀行 の本店が使っていた「BOTKJPJT」が引き継がれた一方、親会社である金融持株会社ではMTFGの“東京”が省かれ、三菱UFJフィナンシャル・グループとされた。しかし2017年5月、同グループより銀行名も2018年春には「三菱UFJ銀行」(MUFG Bank)に商号変更となることが正式に公表された。翌年4月の改称により、三菱銀行との合併から22年にして「東京」の文字が消え、東京銀行の名残は三菱UFJ銀行のSWIFTコードに残るのみとなった[5]

[4]前ページ
(2.金融債)
[6]次ページ
(4.1.リベラルな行風)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/27 13:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/16 更新
 1位日本
 2位槇原敬之
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant