サービス終了のお知らせ
東京ディズニーランド
▼人気記事ランキング
概要
ディズニーパーク > 東京ディズニーリゾート > 東京ディズニーランド 東京ディズニーランド(とうきょうディズニーランド、英称:Tokyo Disneyland、略称TDL)は、千葉県浦安市舞浜にあるディズニーリゾートを形成する日本ディズニーパーク

年間来場者数は日本最大の約1,600万人で、世界のテーマパークアミューズメントパークの中でも、フロリダ州ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートマジック・キングダムカリフォルニア州ディズニーランド・リゾートディズニーランド・パークに次いで世界3位の規模を誇る[1]オリエンタルランドザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーとのライセンス契約のもと運営している[3]

概要[編集]

主役のマスコットキャラクターネズミモチーフにしたミッキーマウスである。
誘致当時の経緯から東京ディズニーシーと共に米国ディズニーグループによる直営ではなく、日本企業の オリエンタルランド が米国ディズニーからのライセンス契約により運営している。なお、東京ディズニーリゾートで販売されているキャラクターの著作権版権ビジネスはすべてウォルト・ディズニー・ジャパンが、アトラクションやショーの企画に関しては、米国ディズニー・パークス・エクスペリエンス・プロダクツおよび米国ディズニーの子会社であるウォルト・ディズニー・アトラクションズ・ジャパンが担当している。

前史[編集]

1957年、三越日本橋本店の屋上に期間限定で楽しいこどもの国 ディズニーランドがオープンした。

これはアメリカのディズニーランドの楽しさを紹介するものであった。ティーカップなどの遊具が設置されて、アメリカウォルト・ディズニー社の認可を得た[4][5]

開業の経緯[編集]

長年にわたり、日本企業のオリエンタルランド社は日本版ディズニーパークの誘致を米国ディズニー社に打診していた。しかし、当時のウォルト・ディズニープロダクションズ(現・ウォルト・ディズニー・カンパニー)が、エプコット・センター(現・エプコットフロリダ州オーランド)を建設中であったことや、多額の投資を必要とする海外テーマパークの経営リスク、奈良ドリームランドの著作権侵害問題などから、米国ディズニー社は、日本版ディズニーランドの直接経営には非常に消極的であった。

そこで日本版ディズニーパークの計画を熱望するオリエンタルランド社は、米国ディズニーとライセンス契約を結び日本版ディズニーランドの建設を行うこととなった。この契約では、米国ディズニー側がパークの設計、運営の指導、クオリティーおよび版権の管理を行うとともにライセンス契約料を受け取り、オリエンタルランド社側が、パークの建設費や運営費などすべての費用を負担するという方式を採用した。この契約は、細かな見直しを除けば現在までほぼ一貫して同じである。また東京ディズニーランド開業後、パリディズニーランド、香港ディズニーランドが開業しているが、2017年現在、一番新しい上海ディズニーランドを含め世界で6つあるディズニーのテーマリゾートのうち、パーク運営会社にディズニーが出資しないライセンス形式の運営を行っているのは東京ディズニーリゾートのみである。

日本版ディズニーパークの建設にあたり、オリエンタルランドおよび米国ディズニー社は、米国版ディズニーパークの完全再現にこだわっていたが、ディズニーパークの設計を行う専門組織であるWEDエンタープライズ(現・ウォルト・ディズニー・イマジニアリング)は当時その多くのリソースをフロリダ州のエプコット・センター (現・エプコット)に投入していたため、東京ディズニーランドのパーク施設のデザインは、その大半がフロリダ州オーランドウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートマジック・キングダムと同じとなっている。特にシンボルキャッスルにおいては、マジック・キングダムと同じ「シンデレラ城」を採用するに至っている。

当時の日本版パークの建設現場では、日本版と米国版パークとの不一致が多数発生した。これは米国ディズニー社側にあった図面に米国版パーク建設中の急な変更が完全に反映されていなかったことが原因とされている。オリジナルである米国ディズニーパークをより忠実に日本版に再現するため、日本側のスタッフは、何度も米国に赴き米国版パークを実測し、それをもとに新たな設計図面が起こされた。

それらの図面類は日本の建築基準法やディズニーの機密保持などの関係もあり、東京ディズニーランド内にある「ドキュメントコントロールセンター」と呼ばれる部署で集中管理され、施設改修時には随時最新版に差し替えられ、すべての図面類をここで保管している。なお、世界のディズニーパークでこのような形で図面を集中管理するようになったのは東京ディズニーランドが初めてである。

パークの名称については、決定時点ではディズニーとオリエンタルランドの名称を合わせた「オリエンタルディズニーランド(Oriental Disneyland)」や日本を意識した「ディズニーランド・ジャパン(Disneyland Japan)」なども候補に挙がったが、最終的には世界的に有名な都市「東京」圏内にあり、名称で所在地が明確になるなどの理由からで「東京ディズニーランド(Tokyo Disneyland)」に決定したとされている。

建設候補地[編集]

建設候補地は京成電鉄三井不動産連合(オリエンタルランド)が推していた浦安市舞浜のほか、長野県大鹿村三菱地所が推していた静岡県清水市(現・静岡市清水区)・御殿場市[6]神奈川県横浜市川崎市千葉県我孫子市[注釈 1]茨城県ひたちなか市[注釈 2]岩手県盛岡市などがあった。しかし、東京都心に近い立地のよさに加え、かつて行徳塩田と呼ばれ、塩田独特の少雨・乾燥の気候であったため[7]、ディズニー側はかなり早い段階から舞浜に決めていた。しかし、誘致合戦でオリエンタルランドからよりよい条件を引き出すために最後まで大鹿村・清水市の2か所を候補地として残し、最終的にディズニー首脳陣は日本の象徴である富士山が常に見える清水市では人工物が引き立たなくなってしまうと言う表向きの理由をつけて、現在の地である舞浜に決定した。

シンボルマーク[編集]

東京ディズニーランドが開業時から1999年前半まで使われていたパークのシンボルマークは「D」を表した四角形の内側にパークのホストであるミッキーマウスのシルエットをあしらい、それをオリエンタルランドの「O」字で囲んだものである。これは現在、「ディズニーとOLCの友好の証」と言われているが、決定当時は仮決定していた「オリエンタルディズニーランド」という名称に疑問を呈したオリエンタルランドに対して、ディズニー側が名称変更は認めたものの、シンボルマークの変更は認めなかったためである。1999年秋ごろからは現行のシンデレラ城のシルエットに変更した。

沿革[編集]

肩書きは全て当時のもの。

1957年昭和32年)5月 - 三越日本橋本店屋上で日本初のディズニーランド(期間限定、アメリカウォルト・ディズニー社認可)が開園。同年7月閉園[8]
1974年(昭和49年)12月 - ドン・B・テータム会長、E・カードン・ウォーカー社長ら来日。
1977年(昭和52年)3月 - 正式名称「東京ディズニーランド」と決定。
1979年(昭和54年)4月 - ウォルト・ディズニー・プロダクションズ(当時)と最終契約。
1980年(昭和55年)12月3日 - 起工式、土木・植栽工事が開始。
1981年(昭和56年)
4月 - 建設工事が開始、浦安町が「浦安市」に(市制施行)。
10月 - 参加企業15社が決定。
1982年(昭和57年)
4月 - アトラクション据え付け工事が開始。
9月 - シンデレラ城最先端の塔の据え付けが完了。
11月 - オープニング・デイト記者発表会挙行。
11月9日 - 初代「東京ディズニーランド・アンバサダー」に寺崎八重子が就任。
12月31日 - この日の23時45分から翌日1983年元日の午前1時までの民放のテレビ番組「ゆく年くる年」(日本の民間放送局99局ネットで放送。この年度はフジテレビが制作。ステレオ放送)において、オープン前の同ランドから生中継を行う。中継には、ミッキー、ミニーをはじめディズニーの仲間たちや初代アンバサダーの寺崎も出演した。
1983年(昭和58年)
1月 - キャスト(従業員)研修が開始。
3月18日 - 竣工式、プレビューが開始。
4月12日13日 - 浦安市民デー開催(全浦安市民を無料招待)。
4月15日 - アメリカ国外では当時初となる「ディズニー・テーマパーク」、「東京ディズニーランド」が開園[2]
5月23日 - 100万人目の入園者が来園。
9月5日 - 500万人目の入園者が来園。ウォルト・ディズニー・プロダクションよりシンデレラの噴水が寄贈。
9月6日 - 初の休園日。
1984年(昭和59年)
2月6日 - 「1983年 日経・年間優秀製品賞」最優秀賞のうち、「日本経済新聞社賞」を受賞。
4月2日 - 1,000万人目の入園者が来園。
4月15日 - プラザテラスに開園1周年記念碑を設置。開園1周年記念式典が開かれる。
1985年(昭和60年)
1月17日 - 「マジック・ジャーニー」オープン(1986年(昭和61年)12月運営終了)。
4月26日 - 新東京国際空港(現・成田国際空港)間直通バスの運行を開始。
1986年(昭和61年)3月8日 - 「アリスのティーパーティー」オープン。
5月17日 - 「アメリカン・ジャーニー・サークルビジョン360」オープン(「マジックカーペット世界一周」フィルム交換)(1992年平成4年)8月運営終了)。
7月1日 - 「シンデレラ城ミステリーツアー」オープン(2006年(平成18年)4月5日クローズ)。
1987年(昭和62年)
3月20日 - 「キャプテンEO」オープン(「マジック・ジャーニー」フィルム交換)(1996年(平成8年)9月1日クローズ)。
7月4日 - 「ビッグサンダー・マウンテン」オープン[9]
1988年(昭和63年)
4月15日 - 開園5周年、「ショーベース2000」オープン(2000年(平成12年)7月19日に「ショーベース」に名称変更)。年間パスポートの販売・利用開始[10]
6月2日 - 5,555万5,555人目の入園者が来園。
12月1日 - 東日本旅客鉄道(JR東日本)京葉線舞浜駅が開業[11]、東京ディズニーランド・ギフトカードの販売を開始。
1989年平成元年)
1月7日 - 昭和天皇崩御のため、パレードが中止)
7月12日 - 「スター・ツアーズ」オープン[12]
12月25日 - 7,777万7,777人目の入園者が来園。
1990年(平成2年)2月19日 - 「東京ディズニーランド・ティーチャーセンター」オープン。
1991年(平成3年)5月29日 - 1億人目の入園者が来園[13]
1992年(平成4年)
10月1日 - 「スプラッシュ・マウンテン[14]クリッターカントリー」オープン。
11月 - 入園料を値上げ[15]
1993年(平成5年)
4月15日 - 開園10周年[2]、「ビジョナリアム」「ディズニーギャラリー」オープン。
5月4日 - 「スペースマウンテン」が運行停止[16]
7月21日 - 「スイスファミリー・ツリーハウス」オープン[17]
1996年(平成8年)
4月 - パスポートを値上げ[18]
4月15日 - 「トゥーンタウン」一般公開[19]
1997年(平成9年)
4月15日 - 「ミクロアドベンチャー!」オープン。
7月25日 - 2億人目の入園者が来園。
1998年(平成10年)
4月15日 - 開園15周年。ブロンズ像・パートナーズ(ウォルト&ミッキー)がプラザテラスに設置。
11月3日 - 「スカイウェイ」クローズ。
1999年(平成11年)4月1日 - 駐車場料金改定(普通車1,500円→1,700円に値上げ)。
2000年(平成12年)1月1日 - オリエンタルランドが「リゾート宣言」を発表、「東京ディズニーリゾート」が正式に営業開始。
9月1日 - 「プーさんのハニーハント」オープン、パスポート料金(入園料)改定。
2001年(平成13年)2月21日 - 駐車場料金改定(普通車1,700円→2,000円に値上げ)。
4月1日 - 入園券、アトラクション券を廃止。
9月4日東京ディズニーシーオープン。)
2002年(平成14年)6月30日 - 「ミート・ザ・ワールド」クローズ[20]
9月1日 - 「ビジョナリアム」クローズ。
10月20日 - 「メインストリート・シネマ」クローズ。
11月8日 - 東京ディズニーランド、東京ディズニーシー合わせて3億人目の入園者が来園(3億人目の入園者は東京ディズニーシーへ来園)[21]
2003年(平成15年)
4月15日 - 開園20周年
7月12日 - 「2パーク年間パスポート」発売開始。
12月5日 - 「スペースマウンテン」で脱輪事故が発生し[22]、2004年(平成16年)2月18日まで運転を中止[23]
2004年(平成16年)
4月15日 - 「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」オープン。
2005年(平成17年)
5月6日 - クッキーに不認可の酸化防止剤が混入する事故が発生し、自主回収すると発表[24]
2006年(平成18年)
4月5日 - 「シンデレラ城ミステリーツアー」クローズ。
5月9日 - オリエンタルランドが東京ディズニーランドと東京ディズニーシーのパスポート料金(入園料)を一部改定すると発表。
9月1日 - パスポート料金改定を実施。
10月6日 - 「トゥーンタウン・ベビーセンター」オープン。
10月27日 - リゾートパーキング第7、立体駐車場を開業。
11月1日 - 東京ディズニーランド、東京ディズニーシー合わせて4億人目のゲストが来園(4億人目のゲストは東京ディズニーシーへ来園)[25]
2007年(平成19年)
4月28日 - 「スペース・マウンテン」をリニューアルオープン。
7月20日 - 「カリブの海賊」をリニューアルオープン。
11月14日 - 「スターケード」クローズ。
2008年(平成20年)
1月8日 - 金属疲労による亀裂で[26]、パレードの公演中に山車から支柱落下事故が発生[27]。パレードを全面中止[28]
4月15日 - 東京ディズニーリゾート25thアニバーサリー開催。
7月8日 - 東京ディズニーランドホテル開業[29]
7月25日 - 「魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ “アロハ・エ・コモ・マイ!”」をオープン。
2009年(平成21年)
4月14日 - 「ジョリートロリー」クローズ。
4月15日 - 「モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”」オープン[30]
5月25日 - 「ミッキーマウス・レビュー」「マッドハッター」クローズ。
2010年(平成22年)
1月5日 -「マイルロングバー」クローズ。
1月26日 - 「グーフィーのはずむ家」クローズ。
5月1日 - 「モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”」リニューアルオープン。
6月1日 - この日放送のアニメ『スティッチ!?いたずらエイリアンの大冒険?』で、アニメ作品としては初めて東京ディズニーランドが登場。
7月1日 - 「キャプテンEO」オープン(2度目)。
8月27日 - 東京ディズニーランド、東京ディズニーシー合わせて5億人目の入園者が来園(5億人目の入園者は東京ディズニーランドへ来園)[31]
2011年(平成23年)
1月24日 - 「ミッキーのフィルハーマジック」オープン。
3月12日 - 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響で、東京ディズニーシーとともに設備の緊急点検のためこの日の営業を休止。
3月18日 - 3月11日発生の地震による建物や施設への損傷は軽微であったが東京電力管内の電力不足を受けて営業再開時期は未定と発表[広報 1]
4月15日 - 運営時間短縮で再開[32][33]。また新規キャストの募集を暫時中止。「シンデレラのフェアリーテイル・ホール」オープン。
4月23日 - 夜間営業再開[34][広報 2]
5月9日 - 雨天時ナイトパレード「ナイトフォール・グロウ」スタート[注釈 3]
7月 - 「カントリーベア・シアター」で1993年から開催されているバケーション・ジャンボリーは中止。
7月1日 - 「キャプテンEO」正式アトラクションへ。当初は1年間の期間限定オープンだったが、人気が出たため正式にレギュラーアトラクションとして続行。このため「ミクロアドベンチャー!」クローズ。
7月8日 - 「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」を2度目のリニューアル。
9月4日 - 「ディズニーマジック・イン・ザ・スカイ」公演再開。
2012年(平成24年)
1月9日 - 「ステラ・スウィート」クローズ。
4月2日 - 「スター・ツアーズ」クローズ。
4月28日 - 2年ぶりに「カントリーベア・シアター バケーション・ジャンボリー」公演再開。
8月24日 - 「グーフィーのペイント&プレイハウス」オープン[35]
2013年(平成25年)
4月5日 - パレード「ジュビレーション!」公演終了。
4月12日 - 東京ディズニーランド、東京ディズニーシー合わせて6億人目の入園者が来園(6億人目の入園者は東京ディズニーランドへ来園)[36]
4月15日 - 「東京ディズニーリゾート30周年“ザ・ハピネス・イヤー”」開催。 新パレード「ハピネス・イズ・ヒア」を公演開始[37]
5月7日 - 「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」をリニューアルオープン。
2014年(平成26年)
1月6日 - 「ジャングルクルーズ」クローズ。
1月6日 - 「ホームストア」リニューアルのためクローズ。
3月20日 - 「東京ディズニーリゾート30周年“ザ・ハピネス・イヤー”」終了。
5月29日 - キャッスルプロジェクション「ワンス・アポン・ア・タイム」スタート。 
6月30日 - 「キャプテンEO」クローズ。
9月8日 - 「ジャングルクルーズ:ワイルドライフエクスペディション」リニューアルオープン[38]
2015年(平成27年)
4月1日 - 入園料を値上げ[39]
6月21日 - 「アドベンチャーランド・バザール」「サファリ・トレーディング・カンパニー」「チキ・トロピックショップ」「パシフィックエクスポート」クローズ。
7月9日 - 「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」を3度目のリニューアル。
7月17日 - 「スティッチ・エンカウンター」オープン[40]
8月31日 - 「ラッキーナゲット・カフェ」クローズ。
12月17日 - 「アドベンチャーランド・バザール」をオープン。
12月17日 - 「ジャングルカーニバル」オープン。
2016年(平成28年)
4月1日 - 入園料を値上げ[41][42]
9月30日 - 「ディズニーギャラリー」「ディズニードローイングクラス」クローズ[43]
11月22日 - 「キャンプ・ウッドチャック」オープン[44]
2017年(平成29年)
1月4日 - 「プラザ・レストラン」クローズ[45]
1月11日 - 「グランドサーキット・レースウェイ」クローズ[46]
2月28日 - 「イッツ・ア・スモールワールド」リニューアルのためクローズ[47]
3月25日 - 「プラズマ・レイズ・ダイナー」オープン[45]
4月5日 - ファンタジーランドを中心とした大規模開発事業の起工式実施[48]
4月21日 - 「ビビディ・バビディ・ブティック ワールドバザール店」オープン[49]
7月10日 - 「ベビーマイン」クローズ。
7月11日 - 東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツが4度目のリニューアル[50]
7月31日 - 東京ディズニーランド、東京ディズニーシー合わせて7億人目の入園者が東京ディズニーランドへ来園。7億人目の入園者にはウォルト・ディズニー・アトラクションズのエグゼクティブ・マネージング・ディレクターのマーク・ナッターから7億人目ゲスト認定書が渡され、オリエンタルランドの上西京一郎社長からは、2020年まで4年間有効の特別ご招待券、東京ディズニーランドで2020年開始予定の「美女と野獣」のアトラクション特別体験券やミッキーマウスのぬいぐるみが贈られた。
10月10日 - ファンタジーランドトゥモローランドの再開発に伴い、トゥモローランドスタージェットスペースプレース・フードポートソーラー・レイズ・ライトサプライの3施設がクローズ[広報 3]
10月17日 - トゥモローランドライトバイト・サテライトがクローズ[広報 3]
11月7日 - キャッスルプロジェクション「ワンス・アポン・ア・タイム」公演終了。 
2018年(平成30年)
2月15日 - 「ファンタジーギフト」クローズ[51]
3月6日 - 「ブレイブリトルテイラー・ショップ」オープン[52]
3月19日 - 「ミニー・オー!ミニー」公演終了。
4月15日 - 「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」開催。新パレード「ドリーミング・アップ!」の公演開始[53]イッツ・ア・スモールワールド」が開業後初のリニューアルオープン[54]、「プロムナードギフト」クローズ。
4月16日 - メインエントランス工事開始。
4月27日 - 「マジカルマーケット」オープン。
7月5日 - 東京ディズニーリゾート公式スマートフォンアプリが誕生。
7月8日 - 「スーパードゥパー・ジャンピンタイム」が公演終了。
7月10日 - 「レッツ・パーティグラ!」がシアターオーリンズで公演開始。
11月5日 - パーク内の一部ショップ、レストラン、および一部商品を除き、全国の交通系ICカードQUICPayiDによる電子マネー決済を導入[55]
2019年(平成31年/令和元年)
3月14日 - 「チャックワゴン」クローズ。
3月15日 - 「カウボーイ・クックハウス」オープン[56]
3月26日 - 「ディズニー・ライト・ザ・ナイト」公演開始[57]
4月26日 - 「Celebrate! Tokyo Disneyland」公演終了。
5月6日 - 「キャンティーン」クローズ。
5月7日 - 「プロムナードギフト・イースト」、「メインストリート・デイリー」クローズ。
5月8日 - リニューアル後のメインエントランスが一部使用開始。
7月8日 - 「クリスタルパレス・レストラン」の「ディズニーキャラクターブレックファスト」終了。
7月10日 - 「ファストパスリマインダー」サービス開始。
7月20日 - 立体駐車場がオープン。
7月23日 - 「デジタルファストパス」サービスの運用開始。ディズニーリゾート公式アプリでパークイン後にパスポートまたは、年間パスポートをアプリで読み込むとアトラクションのファストパスが取得できるようになった。
10月12日 - 台風19号の影響で東京ディズニーシーと共に8年ぶりの終日休園[広報 4]。災害により休園するのは東日本大震災以来となった[58]
12月13日 - ショーベースにて公演されてきた「ワンマンズ・ドリームII -ザ・マジック・リブズ・オン-」が公演終了[59]

今後の予定[編集]

2020年
3月31日ー「リロのルアウ&ファン」終了予定。
春 - メインエントランスのリニューアル完了予定。
春 - 東京ディズニーリゾート初となるポップコーン専門店「ビッグポップ」がオープン予定。
4月15日[60] - グランドサーキット・レースウェイ跡地に、美女と野獣をテーマにしたエリア[61]を建設しファンタジーランドを拡張する予定。日本オリジナルの大型アトラクション「美女と野獣 “魔法のものがたり”」、ライブエンターテイメントシアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」、ショップ「ビレッジショップス」、レストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」が導入予定[広報 3]
4月15日[60] - トゥモローランドにベイマックスをテーマにしたアトラクション「ベイマックスのハッピーライド[61]を新設予定[広報 3]
4月15日[60] - トゥーンタウンに新キャラクターグリーティング施設「ミニーのスマイルスタジオ」[61]をオープン予定[広報 3]。ファッションデザイナーとして活躍するミニーマウスのスタジオという設定で、ミニーと一緒に写真を撮ることができる。

パーク[編集]

それぞれのテーマに分かれたエリアが7つあり、それらを「テーマランド」と呼ぶ。各テーマランドに配置されるアトラクションや物販店・飲食店および装飾類は、そのテーマに合わせてイメージの統一が図られている。園内の施設は、アトラクション以外の施設もすべてオリエンタルランド直営である。

パーク内にはショップ、レストラン、サービス施設が多数点在する。

特徴[編集]

ディズニーの主だったキャラクターは大抵登場するが、中でもミッキーの仲間たちと呼ばれるキャラクター(ミッキーマウスミニーマウスドナルドダックデイジーダックグーフィープルートチップとデールなど)は、パレードやショーなどでもほぼ必ず登場する。
パーク内にいるこれらキャラクターたちは、ちゃんとした個性を持つキャラクターとして扱われる。「ミッキーはミッキー」であり、たとえバックステージ(キャスト専用区域)でも誰が演じているか意識させない点を徹底している。キャラクターを演じるキャストは、「東京ディズニーリゾートでキャラクターを演じている(いた)事実を、在職中・退社後問わず外部の人間に漏らさない」旨の機密保持契約をオリエンタルランドと交わさなければならない。
また、京葉線が鉄道施設の火災による停電により不通になった2006年9月、パークへのキャスト出勤が困難となり開園時間が遅くなったトラブルの際、テレビ朝日の報道リポーターが東京ディズニーリゾートの広報担当キャストに「ミッキーやミニーは大丈夫でしたか?」という質問をすると、キャストは「ミッキーやミニーはここに住んでますから」と答えた。同エリアの「ミッキーの家とミート・ミッキー」に展示されている「彼」のパスポートに明記されている。
ヒドゥン・ミッキー
園内には多くの「ヒドゥン・ミッキー隠れミッキー)」が多く存在している。具体的な位置は「トゥーンタウンの車のタイヤ跡」や「男性用トイレの洗浄ボタン」(いずれも東京ディズニーランド)などで、これは東京ディズニーシーでも見られる。また、ヒドゥン・ピノキオも存在し、これは東京ディズニーランドの、イッツ・ア・スモールワールド内で見ることができる。トゥーンタウンミッキーの家とミート・ミッキーにある電子オルガンの穴の中に、ヒドゥン・グーフィーも存在する。

テーマランド一覧[編集]

ワールドバザール[編集]


アメリカ20世紀初頭の「典型的な地方都市」の町並みを再現したテーマランド。ウォルト・ディズニーの出身地であるマーセリンがモデルとされている[注釈 4]。東京と上海のディズニーランド以外では「メインストリートUSA」と呼ばれている。サービス施設と物販店が多く、現実のショッピングモールに準じた配置となっており、実質的にアトラクションは存在しない。日本でのみ、雨の多い気候に合わせてアーケード商店街のように通路全体を「オール・ウェザー・カバー」と名付けた強化ガラス製の大屋根で覆うことで、全天候型エリアとなっている。ほかのディズニーパークとテーマランドの名称が異なる(メインストリートUSA、上海のみミッキー・アベニュー)のはこのためでもある。

アドベンチャーランド[編集]


未開の地を探検したり、海賊のいた世界を冒険したりすることを題材にしたテーマランド。「カリブの海賊」「ジャングルクルーズ」「魅惑のチキルーム」など、米国ディズニーランドでも歴史が古いアトラクションの移入が多い。また、ウォルト・ディズニーが愛したとされるロイヤル・ストリートもアドベンチャーランドにある。

ウエスタンランド[編集]


アメリカ開拓時代の西部の町並みを再現したテーマランド。アメリカおよびパリでは「フロンティアランド」にあたる。「アメリカ河」という環状の「河」が敷地の多くを占め、アメリカ河の中央には散策型施設「トムソーヤ島」がある。アメリカ河を航行する「蒸気船マークトウェイン号」や、鉱山列車型のローラーコースタービッグサンダー・マウンテン」、劇場型アトラクション「カントリーベア・シアター」などがある。

クリッターカントリー[編集]


ディズニー映画『南部の唄』を題材に「小動物たちの住む郷」をテーマにしたテーマランド。1992年10月1日から公開された。ウォーターシュート型アトラクション「スプラッシュ・マウンテン」と、園内で唯一の人力アトラクション「ビーバーブラザーズのカヌー探険」がある。

ファンタジーランド[編集]


西洋のおとぎ話と「夢と魔法の世界」をテーマにしたテーマランド。園内のシンボル「シンデレラ城」はここに存在する。『シンデレラ』『ピノキオ』『白雪姫』『ふしぎの国のアリス』など、往年のディズニー作品をモチーフにしたアトラクションが多い。なお、「プーさんのハニーハント」や「ホーンテッドマンション」もこのファンタジーランドに位置する。
シンデレラ城のファンタジーランド側の出入口の上にはディズニー家の紋章が掲げられている。また、その紋章は以前までシンデレラ城の旧カラーと同じ白色だったが、2006年4月から7月にかけて行われたシンデレラ城の補修工事とシンデレラ城ミステリーツアーの撤去作業によって、金色に塗り替えられている。なお歴史上実在するディズニー家の紋章はまったく別の意匠である。

トゥーンタウン[編集]


ディズニーアニメをテーマにした「ミッキーと仲間たちの住む街」という設定のテーマランド。1996年4月15日(開園13周年)から公開された[19]。親子連れなど低年齢層向けのアトラクションが多い。ミッキーマウスに必ず会うことができる「ミッキーの家とミート・ミッキー」がある。講談社がこのテーマランド全体のスポンサーになっている。「ディズニーキャラクターたちが運営している」という店やワゴンが多い。街全体がギャグに溢れている。

トゥモローランド[編集]


人類月面着陸以前に想い描かれた無機的なSF世界をもとに「未来の国」をテーマにしたテーマランド。ローラーコースターの「スペース・マウンテン」や、映像系の「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」「スティッチ・エンカウンター」などのアトラクションなどがある。
そのコンセプト上、アトラクションには常にその時点での最新技術やテーマが求められることから、技術やテーマが時代遅れとなったアトラクションの入れ替えがもっとも多いテーマランドである。特にトゥモローランドに多い映像系のアトラクションは投資額が少ないものの、人気の持続が難しく入れ替えが早い。開園当初からウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートにあるエプコットと非常に似たコンセプトを持つテーマランドである。

アトラクションとエンターテイメント[編集]

アトラクションは、カリフォルニア州アナハイムディズニーランドと基本は同じものが多いが、同じアトラクションでも日本のアトラクションでは若干ダイジェストされているものがある。

付記[編集]

東京ディズニーランドのファンタジーランドにあった「ミッキーマウス・レビュー」は、もともとウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートマジック・キングダムに存在したものを東京ディズニーランドのグランドオープンを記念して移設されたものであった。なお、2011年に新規アトラクション「ミッキーのフィルハーマジック」導入のため、「ミッキーマウス・レビュー」は2009年5月25日に運営を終了した。
ファンタジーランドの「ピノキオの冒険旅行」は、東京ディズニーランドのほうが、本家であるアナハイムディズニーランドよりも1か月早くオープンしている。
屋内アトラクションのシアター入口等にある扉は手前(外側)に開くようになっているが、これは浦安市の消防条例により非常脱出時に扉を押して出口に向かえるようにする(パニックドア)ことが定められているためである[広報 5]

事件・事故等[編集]

1980年代[編集]

1983年(昭和58年)4月 : トム・ソーヤ島で幼児が岩場から転落し、頭がい骨骨折の重傷。開園後初の重大事故であったという。その後も同種の事故が発生したため、問題の岩場は改修が重ねられた[66]
1984年(昭和59年)3月18日 : 駐車場で3歳の幼児が観光バスに頭部を轢かれて死亡。開園から11か月で初の死亡事故となった[66][67]
1984年(昭和59年)10月 : アトラクション「スペース・マウンテン」に乗車した女性が意識不明となり、病院への搬送後死亡。死因は急性心不全[66]
1987年(昭和62年)6月 : アトラクション「スペース・マウンテン」停止後に最前列に座った男性が立ち上がらなかった。担架が運び込まれるも脳溢血でほぼ即死だったことが判明[68]

2000年代[編集]

2001年(平成13年)9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件の影響により、アメリカ文化の移入である東京ディズニーリゾートもテロの標的にされる懸念から、警備が強化され入園者の手荷物に対する検査などが開始され、現在にいたるまで継続されている。
2003年(平成15年)12月5日 : アトラクション「スペース・マウンテン」において走行中、車軸が折れ車両の脱線事故が発生、ゲスト12人が乗っていたがけがはなかった。原因は東京ディズニーリゾート全体で設計書の単位ルールを見直した際、単位見直し前の古い設計書と新ルールに基づいた新しい設計書の2種類(インチとミリ)が存在し、古い設計書の数値を用いて新設計書の単位で発注してしまったため、仕様に合致しないサイズの車軸が納品・使用され、規定外の隙間が生じたためである。事故発生後約2か月半の間クローズされた。
2007年(平成19年)1月18日 : レストラン「イーストサイド・カフェ」にて提供された前菜「カプレーゼ(モッツァレラチーズとトマトの前菜)」のうち、9食に賞味期限が1月17日となっているモッツァレラチーズを使用していたことが18日14時10分に判明。オリエンタルランドは、判明後ただちに提供を一時中止し、新たに賞味期限内のチーズが納品されたことにより提供を再開し、この事実を翌1月19日に公表[広報 6]するとともに市川保健所などに届出を行った。オリエンタルランドの調査によると、原因は納品担当者が当日の日付を1月17日と勘違いし、賞味期限切れに気付かないまま当該チーズを自社倉庫から出庫・納品していたことに加え、店舗担当者が本来行われるべき納品されたチーズの日付確認および商品検収記録簿への記載を行わないまま使用し、本来の納品フローと異なる対応をしたためである。
2007年(平成19年)12月9日 : 18時10分ごろ、停電によるシステム障害が発生し、「スペースマウンテン」など25のアトラクションが一時停止し、順次復旧するも閉園時間までに4つのアトラクションが再開できない事態となった。ショップやレストラン、エンターテイメントプログラムに影響はなく通常通り実施され、閉園時間の繰り上げなどは行われなかった。後日使用できる優待パスポートと後日利用可能な優先入場整理券が希望者に配布された。東京ディズニーリゾート関連の停電によるシステム障害は、落雷の影響を除くと2004年10月22日東京ディズニーシーに続いて2度目となる。なお、事故原因はバックステージにある特別高圧変電所の移転作業中に配電システムの接続不備があったため、配電先の圧縮空気製造機器が停止、アトラクションの空圧が喪失したことにより一斉に複数のアトラクションで非常停止機能が実行されたものであった。
2008年(平成20年)1月3日 : 14時30分ごろ、アドベンチャーランドにあるアトラクション「スイスファミリー・ツリーハウス」3階から出火。17平方メートルを焼いて消し止められた。周辺にいたゲスト100人が避難し、現場が一時閉鎖された。ゲストやキャストにけが人はなかった。原因は非公開だが、キャストが駆けつけたとき、電気系統によるトラブルは確認されなかった。この小火騒ぎは、パーク運営時間中に発生した初めての火災事故である[69]。この事故により当該アトラクションは約2週間クローズされた。
2008年(平成20年)1月8日 : 14時20分ごろ、「ディズニー・ドリームス・オン・パレード"ムービン・オン"」の公演中にフロートの支柱が折れ、装飾物が約3メートルの高さから地面に落下した(落下事故はパーク開園以来初めて)。見物のゲストらにけがはなかった。このフロートは全17台のフロートのうち1台で、鉄製の支柱(直径約14センチ)を固定している金具が破断し、支柱と先についた惑星を模した強化プラスチック製の球体9つ(計約300キロ)が落ちた。原因は2007年12月に行われたフロートの定期点検の際、内部構造の非破壊検査を本来検査を行う資格のない専門業者の従業員が行ったために適正に行われず、結果この段階であったであろう金具の金属疲労による亀裂を見逃したためである。この事故にともない、「ディズニー・ドリームス・オン・パレード"ムービン・オン"」と「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」の全フロート(計46台)の緊急点検のため、11日までの公演を中止し、安全点検が行われた。
2008年(平成20年)3月27日 - 4月19日 : 賞味期限切れの商品「明治ベビーフード赤ちゃん村麦茶」4個を東京ディズニーランド内で販売した。従業員のチェックミスが原因。
2009年(平成21年)8月12日 : オリエンタルランドに対して2009年(平成21年)6月18日正午ごろ「(東京ディズニーランドを)閉園しなかったら爆発するぞ」などと電話をかけて脅したとして千葉県警浦安署は12日、威力業務妨害容疑で岐阜県の自称アルバイトの男(35歳)を逮捕した。通報を受けた浦安署員が園内を調べたが不審物は見つからなかった。調べによるとこの男は名古屋市のバス会社に勤務しており、ディズニーランド行きの長距離バスも運転していたが、6月に無断欠勤するようになり、事件3日前の15日に会社を辞めていた。

2010年代[編集]

2011年(平成23年) 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響により、東京ディズニーリゾートを含む東京湾岸の埋立地の広域で液状化現象が見られ、パーク内の施設点検を行うため終日運営を見合わせた[広報 7]。駐車場の一部に液状化の影響がでた以外は大きな損傷は認められなかったが、周辺の環境を配慮したうえ、運営再開は2011年3月21日をめどに発表するとのこと[広報 8][広報 9]だったが、結局未定となった。その後、パーク再開が4月15日と公式に発表された[広報 10]。再開後も、節電のため営業時間の短縮や一部アトラクション・イベントの自粛などを行った。
2013年5月17日、東京ディズニーランド内のレストラン「キャプテンフックス・ギャレー」で、冷凍食品などに使われている紅ズワイガニを、高級食材の「ズワイガニ」として販売していたことを発表。さらに2013年5月30日、運営会社オリエンタルランドが100パーセント出資していた3つのホテルが、偽装表示をしていたと発表。ホテルは「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」「ディズニーアンバサダーホテル」「東京ディズニーランドホテル」。ブラックタイガーを「車エビ」、和牛を「国産牛」、国産鶏を「地鶏」などと誤表記していた[70]
2017年(平成29年)3月16日 : 東京ディズニーランドに併設された下水処理施設で乳児の遺体が発見された[71]

その他[編集]

東京ディズニーランド開園10周年の記念式典の際に当時のディズニーCEOマイケル・アイズナーは、大成功を収めている東京ディズニーランドプロジェクトを直接経営ではなくライセンス方式で運営したことを「史上最大の失敗」と冗談めかして語っている。
パーク内は随所に強化遠近法が利用されている。建物の上層ほど小さく造られており、あおり感を大きくすることで実際の高さよりも高く錯視させる効果を持たせている。
シンデレラ城と、三大マウンテンと呼ばれるコースター系アトラクション(スペース・マウンテンビッグサンダー・マウンテンスプラッシュ・マウンテン)の最上部は、ほぼ同じ高さである。ちなみに一番高さが高いのはシンデレラ城で、51メートルである。
東京ディズニーランドをはじめとするディズニーパークは、世界的に有名な施設であることから多くの都市伝説、及びそれに類する・デマが存在するが、その多くが根拠のないものである。都市伝説に関する詳細は「東京ディズニーランドの都市伝説」参照。
浦安市は2002年からショーベース成人式を開催している。これは、新成人で構成される実行委員会からの提案を受け、浦安市がオリエンタルランドと協議した結果、実現したものである。参加者の入場料は市が負担しており、反対の声も一部であがっている(詳細は「浦安市」を参照)。
2001年以降、東京ディズニーランドは年中無休で営業している。しかし、それ以前は1年間に数回「休園日」というものが存在した。これは、テーマランドのひとつである「ワールドバザール」が店舗面積4,098平方メートルの「第1種大規模小売店舗」に該当するため、大規模小売店舗法によって休日が規定されていたことが影響している。休園日は主に冬季に設定され(ほとんどの火・水曜が休園日かつ、開園当初は秋季の一部も火曜が休園日だった)、クリスマスなどイベントの飾りつけや、通常ではできない大規模なメンテナンス(オーディオアニマトロニクスの交換にヘリコプターを使う場合もあった)を行ったり、火災や地震など実際の営業で起こりうる災害を想定した大がかりな防災訓練を行ったりしたことがある。また、大雪の影響により臨時休園していたこともあった(1984年1月22日から25日に予定を含めて4日続けて休園となったケースがある)。2000年6月に大規模小売店舗法は廃止され、新たに大規模小売店舗立地法が施行されたことで、以降、予告した休園日は設定されていない(昭和天皇大喪・東日本大震災直後・令和元年台風19号接近時に臨時休園したケースがある)。

交通アクセス[編集]

空路[編集]

東京ディズニーランドと同じく千葉県に「成田国際空港」がある。
成田空港リムジンバスにて「成田空港第2ターミナル」「成田空港第1ターミナル」「成田空港第3ターミナル」へアクセス可。
千葉県隣接の東京都には「東京国際空港(羽田)」がある。
羽田空港リムジンバスにて「羽田空港第2ターミナル」「羽田空港第1ターミナル」「羽田空港国際線ターミナル」へアクセス可。
羽田空港からは車でおよそ20分、成田空港からは1時間程度の位置にある。

鉄道[編集]

JR東日本舞浜駅」下車、徒歩5分
ディズニーリゾートライン東京ディズニーランド・ステーション駅」下車、出てすぐ

道路[編集]

最寄りの高速出口
首都高速湾岸線浦安出入口」(西行・東行)※国道357号線より接続
首都高速湾岸線「葛西出入口」(東行)※国道357号線より接続
最寄りの高速入口
首都高速湾岸線「舞浜入口」(西行)
首都高速湾岸線「葛西出入口」(西行)※国道357号線より接続
首都高速湾岸線「浦安出入口」(西行・東行)※国道357号線より接続
駐車場

バス[編集]

ディズニーランド入口付近にバスターミナル・イーストがあり、京成バス東京ベイシティ交通京成トランジットバスを中心に運行されている高速バスや空港直行バス、一般路線バス、パートナーホテル・シャトルが発着する。また、メインエントランスの西側にバスターミナル・ウエストがあり、グッドネイバーホテル・シャトルと全国各地への長距離夜行バスが発着する[72]

バスターミナル・イースト

1番のりば

東京都
バスタ新宿(新宿駅新南口)」行(京成バスJRバス関東
調布駅北口」行(京成トランジットバス京王バス東
吉祥寺駅北口」行(京成バス・京成トランジットバス・関東バス西武バス
東京都・埼玉県
池袋駅西口」・「武蔵浦和駅西口」行(京成バス・京成トランジットバス・国際興業
2番のりば

神奈川県
横浜駅東口」行(京成バス・京浜急行バス[73]
3番のりば

浦安市
「ディズニーアンバサダーホテル」行(ディズニーリゾートクルーザー
4番のりば

浦安市内
「東京ディズニーセレブレーションホテル」行(ウィッシュ&ディスカバー・シャトル
5番のりば

浦安市内
「東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート」行(ディズニーリゾートクルーザー)
6番のりば

浦安市内
「三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ」行(パートナーホテル・シャトル
「ホテルエミオン東京ベイ」行(パートナーホテル・シャトル)
7番のりば

浦安市内
「オリエンタルホテル東京ベイ」行(パートナーホテル・シャトル)
「浦安ブライトンホテル」行(パートナーホテル・シャトル)
8番のりば

千葉県内(成田国際空港)
成田空港」行(東京空港交通リムジン・パッセンジャーサービス・東京ベイシティ交通・千葉交通
東京都(東京国際空港)
羽田空港」行(京成バス・京浜急行バス・東京空港交通・東京ベイシティ交通)
9番のりば

茨城県
つくばセンター」経由 「土浦駅東口」行(関東鉄道
水郷潮来バスターミナル」・「鹿島セントラルホテル」経由 「鹿島神宮駅」行(関東鉄道)
石岡バスストップ」・「赤塚駅」北口経由 「水戸駅」南口行(関東鉄道)
「新田中内」・「常陸多賀駅」経由 「日立市役所前」行(京成トランジットバス・茨城交通
茨城県・福島県
北茨城IC」経由 「いわき駅」行(京成トランジットバス・新常磐交通
山梨県
甲府駅」経由 「竜王」行(千葉交通)
埼玉県
大宮駅西口」・「川越駅西口」経由 「本川越駅」行(京成トランジットバス・東武バスウエスト
10番のりば

東京都・神奈川県
蒲田駅東口」経由「川崎駅東口」(京成バス・京浜急行バス)
神奈川県
たまプラーザ駅北口」行(京成バス・東急バス
11番のりば

東京都
錦糸町駅」経由「東京スカイツリータウン」行(京成バス・東武バスセントラル
東京駅日本橋口」経由 「秋葉原駅中央口」行(京成バス・東京ベイシティ交通ジェイアールバス関東
千葉県
松戸駅西口」行(京成バス)
12番のりば

浦安市内
浦安駅入口」行(東京ベイシティ交通)
「東京ディズニーシー」経由「浦安駅入口」行(東京ベイシティ交通)
「東京ディズニーシー」行【環七シャトル(シャトルセブン)】・【特急】(京成バス)
東京都
葛西臨海公園駅・「葛西駅」・「一之江駅」経由 「小岩駅」行【環七シャトル(シャトルセブン)】(京成バス)
「葛西臨海公園駅・「葛西駅」・「一之江駅」経由 「亀有駅」行【環七シャトル(シャトルセブン)】(京成バス)
「葛西駅」・「一之江駅」経由 「新小岩駅東北広場」行【特急】(京成バス)
13番のりば

東京ディズニーリゾート臨時駐車場シャトルバス(臨時駐車場使用日のみ運行)
バスターミナル・ウエスト

18〜22番のりば

青森県
青森駅」行【ラ・フォーレ号】(JRバス東北
秋田県
秋田駅東口」・「秋田大学前」経由 「秋田ポートタワーセリオン前」行【ドリーム秋田・東京号】(JRバス東北)
岩手県
盛岡駅東口」行【ドリーム盛岡 (らくちん) 号】(JRバス東北)
宮城県
仙台駅東口」行(成田空港交通・JRバス東北)
山形県
「山形県庁前」経由 「山形駅」行【ドリームさくらんぼ号】(JRバス東北)
余目駅」前・「鶴岡エスモールバスターミナル」経由 「酒田庄交バスターミナル」行【夕陽号】(国際興業・庄内交通
福島県
郡山駅」経由 「福島駅東口」行【ドリームふくしま・東京号】(JRバス東北)
猪苗代駅」経由 「会津若松駅」行【夢街道会津号】(JRバス関東)
長野県
松本バスターミナル」経由 「長野駅」行(成田空港交通・アルピコ交通
静岡県
掛川インター駐車場」・「磐田インター駐車場」経由「浜松駅」行【横浜イーライナー】(遠州鉄道
愛知県
知立駅北」・「刈谷駅南口」経由 「太田川駅」行【ドリーム知多号】(JRバス関東・JR東海バス
名古屋駅新幹線口」行【ファンタジアなごや号】(京成バス・JR東海バス)
福井県
敦賀IC」・「武生IC」・「鯖江IC」経由「福井駅北口」行【青春ドリーム福井号】(JRバス関東)
富山県
富山駅」・「金沢駅」経由 「金沢工業大学前」行【青春ドリーム金沢号】(JRバス関東・西日本JRバス
奈良県
天理駅」・「奈良駅」・「王寺駅」・「五位堂駅」行(京成バス・奈良交通[74]
京都府・奈良県
京都駅烏丸口」・「JR奈良駅」経由 「王寺駅」行【プレミアムドリーム号】(JRバス関東・西日本JRバス)
京都府・滋賀県
大津駅」・「京都駅八条口」行(千葉中央バス[75]
大阪府
大阪駅」・「湊町バスターミナル」経由 「天王寺駅」行【青春エコドリーム号】(JRバス関東・西日本JRバス)
大阪府・兵庫県
「大阪駅」経由 「三宮バスターミナル」行【プレミアムドリーム号】(JRバス関東・西日本JRバス)
大阪梅田(阪急三番街高速バスターミナル)」経由 「神戸三宮」行(京成バス・阪急バス[76][77]
大阪府・和歌山県
サウスウェーブ号 「堺東駅」前・「堺駅」前・「泉ヶ丘駅」・「和歌山駅」経由 「南海和歌山市駅」行(成田空港交通・和歌山バス
愛媛県
ドリーム松山号松山駅」経由 「JRバス松山支店」行(JRバス関東・JR四国バス)
香川県
ドリーム高松号 「高松駅」経由 「観音寺駅」行(JRバス関東・JR四国バス)
徳島県
ドリーム阿南・徳島号 「徳島駅」経由 「阿南駅」行(JRバス関東・JR四国バス)
高知県
ドリーム高知・徳島号 「徳島駅」・「高知駅」経由 「はりまや橋」行(JRバス関東・JR四国バス)
23番のりば

東京都
「東武ホテルレバント東京」行(グッドネイバーホテル・シャトル)
「ホテルイースト21東京」行(グッドネイバーホテル・シャトル)
「ホテルメトロポリタンエドモント」行(グッドネイバーホテル・シャトル)
「第一ホテル両国」行(グッドネイバーホテル・シャトル)
24番のりば

東京都
「東京ベイ有明ワシントンホテル」行(グッドネイバーホテル・シャトル)
「京王プラザホテル」行(グッドネイバーホテル・シャトル)
千葉県内
「ホテルニューオータニ幕張」行(グッドネイバーホテル・シャトル)
25番のりば

東京都
「グランドニッコー東京台場」行(グッドネイバーホテル・シャトル)
「ヒルトン東京お台場行」(グッドネイバーホテル・シャトル)
「ホテルサンルート有明行」(グッドネイバーホテル・シャトル)
千葉県内
「京成ホテルミラマーレ行」(グッドネイバーホテル・シャトル
26〜28番のりば

全国各地
長距離夜行バス(予約制)

オフィシャルスポンサー[編集]

現在のスポンサー[編集]

(出典:[広報 11]

株式会社NTTコミュニケーションズ
株式会社NTTドコモ
ドリーミング・アップ!(2018年4月15日 - ) 花王株式会社(2015年7月1日 - )
ハンドウォッシングエリア キッコーマン株式会社
キリンビール/キリンビバレッジ
ロイヤルストリート・ベランダ 株式会社講談社
ENEOS
JCB
スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー(2014年7月1日 - ) J:COM(2017年3月30日 - )
ウッドチャック・グリーティングトレイル
キャンプ・ウッドチャック・キッチン 新菱冷熱工業株式会社(2019年7月1日 - )
第一生命保険株式会社
ベビーカー&車イス・レンタル ダイハツ工業株式会社(2017年7月1日 - )
ベイマックスのハッピーライド(2019年4月15日 - 、2020年春オープン予定) 大和ハウス工業株式会社(2017年12月1日 - )
株式会社タカラトミー
日本通運株式会社
宅配センター 日本航空
うさたま大脱走(2017年4月4日 - 2017年6月14日)
ミッキーのフィルハーマジック(2017年10月11日 - )
ディズニー・クリスマス・ストーリーズ(2017年11月8日 - 2017年12月25日) 日本コカ・コーラ株式会社
リフレッシュメントコーナー
トゥモローランド・テラス 日本ユニシス
ハウス食品株式会社
ハングリーベア・レストラン Panasonic
富士フイルム株式会社
カメラセンター
スプラッシュダウン・フォト プリマハム株式会社
スルーフットスーのダイヤモンドホースシュー
プラザパビリオン・レストラン みずほ証券株式会社
三井不動産株式会社
株式会社明治
クリスタルパレス・レストラン
アイスクリームコーン
ソフトランディング
アイスクリームワゴン
ベビーセンター
トゥーンタウン・ベビーセンター 山崎製パン株式会社
UCC上島珈琲株式会社
株式会社ユーハイム
ペイストリーパレス なお、ワールドバザールに「三井住友銀行三井銀行⇒太陽神戸三井銀行⇒さくら銀行)浦安支店・東京ディズニーランド出張所」が存在し、建物に会社ロゴも掲示しているが、三井住友フィナンシャルグループと三井住友銀行はともにオフィシャルスポンサーではなく、また、オリエンタルランドのメインバンクでもない。オリエンタルランドの主要取引銀行は日本興業銀行の流れを持つみずほコーポレート銀行(現・みずほ銀行)・三井信託銀行の流れを持つ中央三井信託銀行(現・三井住友信託銀行)である。これは、大株主で三井財閥系の三井不動産がメインバンクとして指定していた、同じく三井グループ系の三井銀行(当時)であったことが影響している。なお、1997年までは銀行の店舗出店が大蔵省によって規制されており銀行の独断で自由に出店できなかった点(インストアブランチ参照)、三井信託銀行は法人と個人富裕層向け取引が中心で、店舗数が信託銀行の中では少ない方であったという背後環境もあった。

過去のおもなスポンサー[編集]

株式会社そごう1983年(昭和58年)4月15日 - 2008年(平成20年)4月15日)
日産自動車1992年(平成4年)10月 - 2006年(平成18年)9月3日
森永製菓株式会社(1983年(昭和58年)4月15日 - 2006年(平成18年)9月3日)
日本ヒルズ・コルゲート株式会社2001年(平成13年)3月14日 - 2006年(平成18年)9月3日
日本水産株式会社(1983年(昭和58年)4月15日 - 2006年(平成18年)9月3日)
セイコー株式会社(1983年(昭和58年)4月15日 - 2006年(平成18年)9月3日)
セコム1998年(平成10年)3月20日 - 2003年(平成15年)3月20日)
株式会社ブリヂストン(1983年(昭和58年)4月15日 - 2016年(平成28年)4月1日)
株式会社ニチレイフーズ( - 2017年(平成29年)8月22日)
富士写真フイルム(当時)
ビジョナリアム 松下電器産業(当時)
スター・ツアーズ[80] 日清製粉
カフェオーリンズ ドール・フード・カンパニー
三井ホーム株式会社1990年6月[81] - 2015年7月

おもな建設業者[編集]

テーマランド担当[編集]

鹿島建設(ワールドバザール、アドベンチャーランド)
清水建設(アドベンチャーランド、ウエスタンランド)
大成建設(ファンタジーランド(仮称)美女と野獣エリア 2020年春開業予定)[82]
三井建設(トゥモローランド)

その他[編集]

奥村組
関東電気工事
京成建設
京成バラ園芸
小松建設工業
三精輸送機
新日本空調
新菱冷熱工業
大日本土木
東宝映像美術
東洋造園土木
飛島建設
日本国土開発
間組
三井不動産建設
川崎重工業(2020年春開業予定エリアのアトラクション)[82]
竹中工務店(2019年度オープン予定の新規立体駐車場)[83]

関連書籍[編集]

『I love Tokyo Disneyland ′89』講談社、1988年8月。
『I love Tokyo Disneyland 1990』講談社、1989年8月。
『I love Tokyo Disneyland 1991』講談社、1990年7月20日。
『I love Tokyo Disneyland 1992』講談社、1991年7月29日。
『I love Tokyo Disneyland 1993』講談社、1992年8月。
『I love Tokyo Disneyland 1993 - 1994』講談社、1993年8月。
『New my Tokyo Disneyland I love Tokyo Disneyland 1995 - 1996』講談社、1995年8月30日。
『New my Tokyo Disneyland I love Tokyo Disneyland 1996 - 1997』講談社、1996年8月。
『New my Tokyo Disneyland I love Tokyo Disneyland 1997 - 1998』講談社、1997年8月。
『New my Tokyo Disneyland I love Tokyo Disneyland 1998 - 1999』講談社、1998年8月。
『New my Tokyo Disneyland I love Tokyo Disneyland 2000』講談社、1999年8月。
『New my Tokyo Disneyland I love Tokyo Disneyland 2001』講談社、2000年10月。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]


関連項目[編集]

ディズニーランド - アメリカ合衆国カリフォルニア州にあるウォルト・ディズニー社のテーマパーク第一号。
東京ディズニーランドのスペシャルイベント
カウントダウン・パーティー - 東京ディズニーランドの年越しカウントダウンイベント。
テーマパーク集客人員
マジック・キングダム - このテーマパークの元となった。
高橋政知

外部リンク[編集]

【公式】東京ディズニーランド | 東京ディズニーランド
出典:Wikipedia
2020/02/20 13:02
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant