サービス終了のお知らせ
東京メトロポリタンテレビジョン
▼人気記事ランキング
4.番組編成
4.3.アニメ番組
近年では東名阪の独立局を中心に放送されているアニメ番組群(いわゆる独立局アニメ・UHFアニメ)も積極的に放送している。

当初は上記の理由から実質視聴世帯が少なかった事もあり、近隣の独立局に比べて番組数は少なく、本数も時期によりばらつきがあった。しかし地上デジタル放送が普及し出した2006年以降は日本テレビ出身のプロデューサー(当時)が「アニメを放送すれば勝てる」と発案した事が発端となって[32]、次第に増加傾向にあり、東京スカイツリーに送信所を移転した2012年10月以降、関東地方における独立局アニメは本局独占放送の作品が主流となった。日によっては2 - 3時間にわたってアニメ番組が続く(土曜は情報系番組含めると4時間連続)。『大図書館の羊飼い』『つぐもも』など、全国の地上波では本局が独占放送するアニメもある。

また、早朝(S2・092チャンネルの朝6時台)と夕方(16時台以降)には主に番組販売を通じて購入した旧作を日替わりで編成。さらに、全国ネットの民放では全廃されたプライムタイム(主に夜の19時台や22時台)での放送を行っており、2000年以降に放送されたUHFアニメやキー局・WOWOW専門チャンネルが制作に関与した作品の(実質)再放送も行っている[注釈 4][注釈 5]

一般に各局ローカルの編成となる独立局アニメの同時ネットにも力を入れており、2011年4月以降は『E!TV』枠で放送される番組の一部において群馬テレビやとちぎテレビと(一週間遅れあるいは同時でBS11もネット)、2013年4月からは一部番組においてサンテレビやKBS京都との同時放送を実施している。

近年は、東京国際アニメフェアの実行委員会にも参加し、特別番組や国内外の各種コンペティションで受賞に輝いた作品を放送したこともある。

また、アニメ・声優などに関連する情報番組やバラエティ番組も放送している。

このように先進的な取り組みをいくつも行なっている傍ら、2014年4月にアニメ事業部を設置し近年ではかねてからアニメ番組に力を入れている毎日放送(MBS)の丸山博雄プロデューサーからもアドバイスを受けていた[33]。また、アニメ事業部の尾山仁康部長は「アニメ業界にお世話になったので、その恩返しをしたいなと」「TOKYO MXアニメ祭りを開催したいですね」と語るなどアニメ事業の拡大に意欲を強めている[34]

製作に関与した番組[編集]


独立局がアニメ作品の製作に関与するケースは少ないが、本局では2013年頃から増加の傾向を見せている。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/23 10:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant