東アジア共同体
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
東アジア共同体(ひがしアジアきょうどうたい、East Asian Community)とは、東アジアにおいて構想されている地域共同体。一般に、東アジア地域を統合したブロック経済によって、米国、欧州共同体に匹敵する地域連合を成立させようとする構想において参照される概念である。ただし、各国によって構想の内容は異なる。
国際経済学者ベラ・バラッサによる地域統合の類型[1]において第3段階(共同市場)以上のものを指す場合が多いが、その度合いや範囲を含め、明確な定義は定まっていない。
目次
1.概要
2.東アジアの地域概念
├2.1.共同体構想における「東アジア」
├2.2.東アジアの経済規模と成長性
└2.3.東アジアにおける資本と労働力
3.地域化に向けたこれまでの経緯
├3.1.ASEANの台頭
├3.2.東アジア経済グループから東アジアサミットへ
└3.3.東アジアにおけるFTAと東アジア共同体構想
4.東アジア共同体のメリット
├4.1.進行するグローバリゼーションと地域化
├4.2.大国主導の国際秩序の変革と西欧的価値観の相対化
├4.3.分業体制の協調的な確立
├4.4.日本の経済協力と技術移転
└4.5.地域金融と通貨の統合
5.共同体設立への問題点
├5.1.日中・日韓の政治的対立
├5.2.日米と中国の主導権争い
└5.3.日本国内における諸問題
6.関連人物
├6.1.構想関係者
├6.2.批判者
└6.3.研究者
7.関連項目
8.脚注
9.参考文献
10.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/11/15 14:31
ソ人気記事ランキング
2019/12/09 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant