投資
▼人気記事ランキング
2.経済学における投資
経済学における投資は、資本ストックの増加分を指す。資本形成[1]ともよばれる。主たるものに設備投資、住宅投資、在庫投資の3種類がある。

例えば、設備投資公共投資は、民間資本や社会資本を増加させ、経済の生産力を向上させる。また同時に生産設備などの投資財(財を生み出すための財)を需要することでもあり、合わせて乗数効果(投資乗数)による需要拡張効果も持つ。つまり、投資は供給力を増加させ、同時に需要も増加させる(投資の二重性)。閉鎖経済においては、この需給が均衡するのは「ナイフの刃」(ハロッドによって提唱された)の上を歩くように厳しい条件があり困難である。

[4]前ページ
(1.1.投資対象)
[6]次ページ
(2.1.投資と消費と資本)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/04/11 20:30
ソ人気記事ランキング
2019/07/18 更新
 1位日本
 2位しみけん (AV男優)
 3位伊藤春香 (編集者)
 4位7月17日
 5位ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant