伝染病
▼人気記事ランキング
1.伝染の形式
1.3.微生物が付着した飛沫(ほこり)を吸う
飛沫感染と一般的に呼ばれる。粒子が5マイクロメートル以上と大きく重い微粒子で、90センチメートル未満までしか到達しないものをいう。くしゃみで放出された体液の飛沫が病原体を含んでいて、これが他人の粘膜に付着することで感染が成立する。風疹ウイルスを始め、上気道炎症状を伴うウイルス感染症の多くがこの形式をとり、SARSの原因となったコロナウイルスについても、この経路が主体だと考えられている。

[4]前ページ
(1.2.糞から出た微生物を口から摂取)
[6]次ページ
(1.4.空気中に浮遊した微生物を吸う)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/03/28 14:30
ソ人気記事ランキング
2019/09/24 更新
 1位日本
 2位清洲会議
 3位清須会議 (小説)
 4位9月23日
 5位正木裕美
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant