転生したらスライムだった件
▼人気記事ランキング
6.世界設定・用語
6.3.種族
人間と魔物・魔王は基本的には敵対関係にあるが、積極的に争うのではなく相互不干渉の雰囲気が維持されている[185]

人間以外の種族は全て、人間側の視点から便宜上の区別がされており、人間と友好的で人類の一員と見なされているドワーフや耳長族(エルフ)などの人間と交配している人間に近しい種族を「亜人(デミヒューマン)」、それ以外の人類に敵対する一般動物以外の種族の総称が「魔物(モンスター)」とされている[206][16]。また、魔物のうち、知性が高く生殖能力のある種族を「魔族」と呼び、その中でも強大な力を持つ魔物を「魔人」と呼ぶ[206][16]

例として子鬼族(ゴブリン)や豚頭族(オーク)などは、ドワーフなどと同じく妖精族の末裔ではあるものの、人間と敵対しているため魔物(魔族)であるとされているが[206]、異種交配は可能であるとされる[16]。「上位魔人」の代表的な種族としては巨人族(ジャイアント)、吸血鬼族(ヴァンパイア)、悪魔族(デーモン)などの長命種族が挙げられるが、人間が魔人となるレオンのようなケースも存在する[206][16]

魔物は人間に対する危険度の大きさで自由組合による危険度ランク付けがなされている[207]。ランク内での強弱をプラス、マイナス記号を付記しB-、C+のように表記することがある[17]

また、人間は「星幽体(アストラルボディ)」「精神体(スピリチュアルボディ)」「物質体(マテリアルボディ)」の3つの位相体から成る種族であり、このうち物質体を持たないものを精神生命体(悪魔、天使、精霊など)として設定されており、精神生命体は召喚されるなどの行為により物質体を得る(受肉)ことで肉体を持った存在として強化される[208]。竜種は精神生命体ではあるものの、魔素を用いて自力で物質体を形作ることで受肉することができる[178][176]

魔族(魔人)は成長の果てに「魔王種」へと至ることがある。この時点でも他の魔王達に承認されれば魔王を名乗ることができる。そして、一定の条件を満たしたものは「真なる魔王」として覚醒し、魔王種とは一線を画する強さを得る。一方で、人間もまた過酷な修練の果てに「仙人」へと至ることが可能で、魔王種に匹敵するとされる。さらに進化を果たすと「聖人」へと至り、こちらは「真なる魔王」に相当するとされる。

[4]前ページ
(6.2.組織)
[6]次ページ
(6.4.能力、技術)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/10/22 02:31
ソ人気記事ランキング
2018/10/21 更新
 1位日本
 2位沢田研二
 3位田中信夫
 4位ドリフ大爆笑のコント
 5位安達征耶
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant