転生したらスライムだった件
▼人気記事ランキング
3.登場人物
3.2.失われた竜の都
声 - 日高里菜[64]
最古の魔王の一人で、ヴェルドラの兄である最初の竜種「星王竜」ヴェルダナーヴァが人間との間に作った子供[155]。長い髪をツインテールにした少女の姿をしている。性格は天真爛漫そのもの。
数千年前に人間(あるいはエルフ[156])の手により最愛のペットを失った悲しみから暴走し世界を滅ぼしかけ、それを止めようとした魔王ギィ・クリムゾンと七日七夜戦った[155]
後に退屈しのぎに魔王クレイマンの謀略に協力していたが、テンペストを訪れた折にリムルとの間で友情が生まれ親友(マブダチ)となれたことを嬉しく思っており、リムルから贈られた拳に装着するアイテムである「ドラゴンナックル[163]」がお気に入りでとても大切にしている[158]
リムルと一度別れた後、クレイマンがテンペストに対し妨害工作を行おうとしていることに勘付き、テンペストが害されることを良しとせず、フレイと協力してクレイマンに支配されているかのように振る舞いクレイマンを出し抜いた。魔王達の宴(ワルプルギス)にてクレイマンに操られているふりをしてリムルに戦いを挑んだときに、自らの叔父とも言えるヴェルドラと邂逅し、彼の漫画の知識から出た必殺技に驚愕。リムルがクレイマンを倒した後、ヴェルドラが持っていた漫画に目が釘付けとなっていた[159]
テンペストの開国際にてリムルがヴェルドラとラミリスと共にアトラクションとして迷宮づくりを行っていることを直感にて嗅ぎ付け、自身も強引に参加した。そこで、ドラゴンロードになる前の4体のドラゴンをテイムし、迷宮のボスとしてラミリスに与えた。ラミリスとは同じ最古の魔王として仲が良かったが、迷宮づくりを通じてリムル、ヴェルドラ、ラミリスたちと迷宮(ゲーム)仲間として良好な関係を築く[160]。リムルが作った擬似魂によって赤いスライムのアバターを作成し、自身もリムルたちと共に迷宮攻略や侵入者の排除などを行い楽しんでいる[161]
マリアベルの策略で友達であったペットのカオスドラゴンが復活し、友達を殺すことができずリムルに助けを求め、彼の手腕により、擬似魂によりカオスドラゴンの心核を保護し、ミリムからガイアの名前を与えられた[162]。その後、ドラゴンとして生まれ変わったガイアと再会し、大いに喜び、ガイアの育成を踏まえて迷宮での攻略に勤しむ[163]
ミッドレイ、ヘルメス[164] / 龍人族(ドラゴニュート)
竜の都を統治する神官団の神官長と神官。
ミッドレイは豪放磊落を絵に描いたような人物だが、固定観念に凝り固まった部分も強く、ミリムからは嫌われている。後にテンペストの開国際でシュナに諭され自らの過ちを認めた[52]
ヘルメスはミッドレイの側近だが、他国を旅したことがあり、自国が停滞していること、ミリムが自分たちに「我慢して付き合っていること」に気づいている。
[4]前ページ
(3.1.ジュラ・テンペスト連邦国)
[6]次ページ
(3.3.武装国家ドワルゴン)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/02/15 14:02
ソ人気記事ランキング
2019/02/17 更新
 1位日本
 2位北方町猟銃殺人逃走事件
 3位彩希エリナ
 4位2月16日
 5位マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校銃乱射事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant