転写 (生物学)
▼人気記事ランキング
6.クロマチン構造
真核生物のDNAはヒストンという蛋白に巻きついている (ヌクレオソーム)。一般的にはヒストンがアセチル化されることでクロマチン構造がゆるみ、結果として発現が活性化される。また、ショウジョウバエなどのGAGA因子と呼ばれるタンパク質はDNAに結合し、その周辺のクロマチン構造を変化させる。NAP-1がヒストンをDNAに貼り付け、ACFがそれを移動させて一定間隔にする。

細菌ではHUタンパクがDNAと結合し核様体を形成するがクロマチン構造はとらない。

一方多くの古細菌はヒストンを持ち、DNAが巻きついてクロマチン様構造をとっている。

[4]前ページ
(5.3.転写伸長因子)
[6]次ページ
(7.DNAのメチル化)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/05/20 00:00
ソ人気記事ランキング
2019/09/21 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位逆鉾昭廣
 4位9月20日
 5位熊谷連続殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant