池袋通り魔殺人事件
婚活|脱毛|心理テスト
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
2.被告人の人生・犯行動機
Zは岡山県倉敷市に生まれ、両親、兄との4人で生活していた。3歳で一家が引越しし、児島郡灘崎町(現:岡山市南区)で育った。
Zが小学校高学年の頃から、両親はギャンブルに溺れるようになった。父が親の遺産相続し、大金を手にしたのがその原因であった[1]。Zが中学生になると両親のギャンブル癖は悪化の一路を辿ったが、中学3年の時、勉強に打ち込んだ成果があって、進学校とされる高校に入学した。しかし、両親の賭博は止むことはなく、ついには数千万円の借金を残して失踪。残された彼の家には借金取りが連日のように押しかけてくるようになった。兄は大学生として一人暮らしをしていたため、Z1人が借金取りの対応に迫られることになった。
経済的な困窮から、高校生活や夢見た大学への進学も破綻した。以後、一時は兄の下へ身を寄せ、パチンコ屋で住み込みで働くようになった。一時期、両親もZと兄の下へ帰参していたが、再び蒸発した。その後は塗装会社、照明器具工場、自動車部品工場など、各地で職を転々とした。この間、小学校時代同級生であったある女性に好意を抱き、彼女に対して執拗なアプローチを行い、ストーカーのような行為にまで走ることがあった[2]
日本での人生に絶望した彼は、1998年、新天地を求めてアメリカに短期渡航した。ロサンゼルスサンフランシスコポートランドと向かったが、十分な滞在費がなく、途中で行き倒れて日本大使館に保護された。就職先もなかったので、大使館の紹介で、現地のキリスト教会の牧師に事情を話し、教会の仕事を手伝うのと引き換えに衣食の面倒を見てもらっていたという。逮捕後の取調べ時には、この時期が人生で最も充実していたと回想している。
しかし、こうした現地での生活も、ビザの失効と同時に終わった。日本へ帰国後、Zはパスポートを破り捨てていたという[3]。その後は、働きながらの大学への通学も考えたが費用の面から頓挫。犯行当時は都内の新聞販売店を辞めた直後だった。
犯行動機は、人生に絶望し、またどうしようもない環境的な不平等にいらいらしたため、と供述している。直接のきっかけは、事件直前に夜勤をしていた際、自分の携帯電話にかかってきた無言電話によるという。犯行当日、殺人を予告するレポート用紙をアパートの自室の扉の外側に張りつけた。
本人の供述では、およそ「真面目な人がさらにさらに苦しむ一方で、遊んで楽をしていられる身分の人たちがいることに嫌気がさした」と言っていた。
1997年夏、Zは外務省警察庁にあてて支離滅裂な内容の手紙を送りつけていた[4]
現金|夢占い|相性占い
おうし座|おひつじ座|スピリチュアル
勝った翌日ポイントアップ!
楽天イーグルス&ヴィッセル神戸応援企画
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(1.概要)
[6]次ページ
(3.裁判)

1. 片田「無差別殺人の精神分析」59ページ
2. 片田「無差別殺人の精神分析」62-63ページ
3. 片田「無差別殺人の精神分析」64ページ
4. 片田「無差別殺人の精神分析」63-64ページ

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/09/08 14:31
運命の赤い糸|前世|霊視
しし座|資格|恋愛占い
ソ人気記事ランキング
2017/09/23 更新
 1位安室奈美恵実母殺害事件
 2位安室奈美恵
 3位9月22日
 4位青木歌音
 5位山本博 (お笑い芸人)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant