サービス終了のお知らせ
地上デジタル放送推進大使
▼人気記事ランキング
3.CM(地域別の独自CMも含む)
3.5.秋田県
全国版2・3・4
秋田オリジナル版1:秋田地方局(第1期)アナウンサーが各ニューススタジオから1ショット(最大10秒ほど)の便利さをアピール。4人そろってNHKマスターで1フレーズずつ話した後、各放送局版に。
秋田オリジナル版2:全送信所本放送スタート後、秋田市内に携帯ワンセグを見ている人たちの感想ショット。その後は1と同じ。
秋田オリジナル版3:旧秋田空港滑走路跡地にて、告知。Gメン'75のオープニングを髣髴させるショット。
秋田朝日放送オリジナル版1:「5」をアピールしたショット(お弁当の海苔、ドミノなど)
秋田朝日放送オリジナル版2:「デジタルハジマル」など街頭で一般人に話す
秋田テレビ版:開局当時のBGMを使い、アピール。
2009年8月から各局持ち回りで2か月限定放送のCMを制作・放送。1巡目最後のAAB版は多少コントが入った芝居になった。
[4]前ページ
(3.4.岩手県)
[6]次ページ
(3.6.山形県)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/02 12:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant