地主
▼人気記事ランキング
4.ロシアの地主
ロシア革命以前の地主たちは、ツァーリ(皇帝)による絶対的支配のもと、ブルジョワジーとともに、権勢を振るっていた。最大の地主は、ツァーリ(皇帝)であった。地主たちは土地を独占的に所有しており、農地の全面積のうち4分の3は、有力な大地主が占有していた。当時のデータとして、ウラジーミル・レーニンによると、700人の大地主が平均して3万デシャチン[1]の農地をそれぞれ所有し、その面積は、60万人の小地主の3倍である。ロシア帝国を生きた文豪トルストイは、大地主であった。トルストイは、小作人とともに働き、貧困層に援助をしていた。

ロシア革命とソヴィエト誕生によりツァーリの絶対的支配体制は終焉したが、ソヴィエト終焉以後は、資本主義経済が組み込まれている。

[4]前ページ
(3.ヨーロッパの地主)
[6]次ページ
(5.アメリカの地主)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/01/19 10:00
ソ人気記事ランキング
2019/12/10 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位松本ちえこ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant