地質時代
▼人気記事ランキング
▼目次
概要

地質時代(ちしつじだい、: Geologic time scale;Geological age;Geological eon)とは、約46億年前の地球の誕生から現在までの内、直近数千年の記録の残っている有史時代[5]歴史時代)以前のことで地質学的な手法でしか研究できない時代の事である[6]。歴史の本来の意味は、文字で記録された人類に関わる過去の出来事の事であり[7]、文字で記録されていないさらに時を遡る人類に関わる時代は先史時代と呼ばれている[8]
地質時代における各時代区分は「地質年代」とも呼ばれ、また地質年代は地質時代と同義にも扱われる[9]
地球の年齢46億年超の内で、有史時代(数千年間)は約100万分の1であり、地球の年齢の99.9999%は地質時代である。前述の地質時代の定義から、地質時代は地球の年齢から有史時代を除いた部分であるが、現実には有史時代の長さは地質時代における誤差範囲よりはるかに小さく、有史時代(現在を含む)は新生代/第四紀/完新世/メーガーラヤン期に含まれる。各地質時代区分の開始年代(基底年代)は何百万年前(Mya)と表現されるが、その基点は西暦2000年と定義されている。
地質時代は、比較的情報量が多く研究が進んでいる直近の[10]「顕生代」(約5億年)、顕生代と比較すると生物化石に乏しくなるが微化石生痕化石などが研究対象になる「原生代」(約20億年)、生物化石はほとんどなくなり研究対象が主に地層や岩石となる「太古代(始生代)」(約15億年)と、地球上で岩石や結晶などの直接証拠が少なく月の石や隕石などの情報から推察されている「冥王代」(約6億年)の4つの時代に区分されている。
目次
1.概要
2.地質時代研究の歴史
3.定義
└3.1.年代の定義
4.地球環境の変遷
5.生物界の変遷
6.地質時代の区分
7.地質時代のタイムスケール
8.地質時代区分の改定履歴
└8.1.国際年代層序表の改訂履歴
9.注釈
10.出典
11.参考文献
12.関連項目
13.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/10/02 15:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/20 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位新潟少女監禁事件
 4位賭博黙示録カイジ
 5位軽井沢スキーバス転落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant