男木島
▼人気記事ランキング
7.文化
7.3.その他
映画『喜びも悲しみも幾歳月』、『めおん』などが男木島灯台をロケ地のひとつとしている[98] ほか、男木島は小説『バトル・ロワイアル』の舞台である「沖木島」のモデルとなったとも言われている[52][99]。また、『岩合光昭の世界ネコ歩き 瀬戸内海』では男木島が撮影地のひとつとして選ばれている[100]

[4]前ページ
(7.2.出身者)
[6]次ページ
(8.1.注釈)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/05/27 21:31
ソ人気記事ランキング
2019/08/25 更新
 1位日本
 2位文京区幼女殺人事件
 3位飯田祐基
 4位名古屋小6受験殺人事件
 5位山本美香
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant