男女共同参画社会
▼人気記事ランキング
7.批判
この考え方は男女の権利を平等にするという賛意がある一方で、積極的改善措置(ポジティブ・アクション)に対しては、批判もある(内閣府男女共同参画局[22])。

アメリカでは「自由な競争を妨げ、社会や企業の活力を損なう恐れがある」との指摘もなされている[22]

筑波大学システム情報系准教授の掛谷英紀は小保方晴子や女子中高生限定の「リケジョ」企画での集まった質から、その分野における女性の数を増やすことが目的適格かどうかには関心がなくなっている男女共同参画を悪意による研究不正が起きやすい4つの土壌の一つにあげている。さらに、男女共同参画以前から実力だけで結果を出してきたシニア女性研究者らが小保方晴子に厳しいコメントを出した際に小保方支持者によるネット上での「おばさんのひがみだ」などの発言こそが本当の女性差別だとして、男女共同参画で女性だからと優遇されることによって来れただけの女性は真面目にやって結果を出してきた女性らにとっては迷惑だと指摘している[23]

[4]前ページ
(6.世界との比較)
[6]次ページ
(8.脚注)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/16 10:31
ソ人気記事ランキング
2019/08/25 更新
 1位日本
 2位文京区幼女殺人事件
 3位飯田祐基
 4位名古屋小6受験殺人事件
 5位山本美香
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant