サービス終了のお知らせ
嘆きの壁
▼人気記事ランキング
3.詳細
嘆きの壁の全長は約1600ft (490m) に及ぶが、一般には神殿の丘の西側外壁のうち地上に見えている幅約187フィート (57 m)の部分のみを指す。この部分は広場に面しており、壁の前が礼拝の場所になっている。これ以外に壁を外から見ることができるのは南側の約80mと、神殿の丘の Iron Gate の近くにある Little Western Wall であり、それ以外の壁は居住用の建物に隠れている。

神殿の丘にあたる場所は元は自然の高台であり、紀元前10世紀頃からすでにこの上に神殿(エルサレム神殿)が建てられていた。これが紀元前19年頃になってヘロデ大王によって大幅に拡張された。これが現在の神殿の丘であり、その西側の土留壁が現在の嘆きの壁である。

広場の前における壁の高さは約19m。地下に埋まっている部分も含めると32m。積み上げられた石は地上28段、地下17段の計45段[5]

地上7段目まではヘロデ大王の時代のものである。エルサレム地方で採れる石灰岩エルサレム・ストーン (Jerusalem stone) の中でもメレケ (meleke) という種類の石が使用されている。旧市街のムスリム地区にある採石場ゼデキアの洞窟 (Zedekiah's Cave)[6]か、旧市街の4km北にあるラマット・シュロモ町 (Ramat Shlomo)[7]の採石場から切り出されたとみられる。1個あたり2tから8tの重さがあり、さらに重いものもある。中でもウィルソン・アーチ(Wilson’s Arch、壁のそばにあるトンネル状の祈祷所)の中から見える巨石 Western Stone は幅13m、重さは約570tに及ぶ。どの石にも深さ1.5cmの溝が5?20cm間隔で平行に刻まれている。ヘロデ大王時代はこの上にさらに付柱で飾られた高さ10m、厚さ1mの壁があり、その内側に沿って並べられた2重列柱の外壁として機能していたが、7世紀初頭の東ローマ帝国によるエルサレム侵攻によって破壊された。

地上8-11段目の4段は、ウマイヤ朝によって7世紀に追加された[8]638年にエルサレムを支配下に置いたウマイヤ朝は、さらに691年に神殿の丘に岩のドームを建設している。

地上12?25段目の14段はオスマン帝国時代の1866年にイギリスの実業家モーゼス・モンテフィオーレ卿によって追加された。礼拝に訪れた人々を雨や陽射しから守るのがその目的であった。

地上26?28段目の3段はエルサレムのムフティーによって1967年に追加された[9]

[4]前ページ
(2.名称)
[6]次ページ
(4.歴史)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/03/04 15:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/27 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位住吉会
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant