帝国
▼人気記事ランキング
3.歴史上の帝国
3.5.比喩などから帝国と呼ばれる国
ハプスブルク帝国 - 近世から近代におけるハプスブルク家による比喩的な帝国。後にオーストリア帝国、オーストリア=ハンガリー二重帝国を形成する。
アンジュー帝国 - 中世フランス王国のアンジュー伯だったプランタジュネ家アンリが父母からの相続や自らの結婚によって、ノルマンディー公、アキテーヌ公、イングランド王などとなって広大な領土を手にしたことから、彼とその子孫(イングランド・プランタジネット朝)の所領の総称をこう呼ぶことがある
アメリカ合衆国 - しばしば批判的に「アメリカ帝国(米帝)」と呼ばれる。
ソビエト連邦 - 中ソ対立時に「社会帝国主義」と呼ばれた。レーガン大統領「悪の帝国」と呼んだ
ロシア連邦 - ウクライナ中央アジア諸国など近隣諸国を勢力下に置こうとする政策から帝国と呼ばれることもある。
中国 - 東トルキスタンの制圧や、近年の経済的な台頭、軍事力の増長、核ミサイルの量産、日本および周辺諸国に対する高圧的外交から帝国(中華帝国)と呼ぶことがある。ソ連と同様に「赤い帝国」と呼ばれることもある。
[4]前ページ
(3.4.植民地帝国)
[6]次ページ
(4.脚注)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/12 09:00
ソ人気記事ランキング
2019/09/19 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 4位9月18日
 5位凪沢怜奈
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant