鶴ひろみ
▼人気記事ランキング
1.生涯
1.3.急死
2017年11月16日19時30分頃、東京都中央区の首都高速都心環状線の車線上で、ハザードランプをつけ停車していた車内で、シートベルトをして運転席に座ったまま意識不明の状態で見つかり、病院に搬送されたが死亡が確認された[4]。死因は運転中の大動脈解離による突然死と見られる[8][15]。57歳没。関係者によると数日前の収録中に体調不良で途中退席したことがあったが、体調が悪いとは聞いていなかったという[16][17]

翌年2018年1月13日に「鶴ひろみを送る会」が行われ、山寺宏一増岡弘らが駆け付けた。野沢雅子戸田恵子中尾隆聖渡辺菜生子らがお別れ会の発起人を務め、野沢は孫悟空の口調でメッセージを寄せた[18][19]。山寺は取材に「まだ信じられない思いでいっぱい」とコメントした[20]

第12回声優アワードでは、特別功労賞に代えて2017年度に逝去した声優として他の物故者とともにを顕彰された[21]。その際同じく2017年度に逝去した大木民夫同様名前だけでなく、事務所プロフィールの写真と代表作[注 1]がスクリーンに映し出され、鶴のボイスサンプルの一つナレーション3の音声が会場内で流された。

[4]前ページ
(1.2.声優デビュー)
[6]次ページ
(2.人物・逸話)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/22 11:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/24 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位唐田えりか
 5位宍戸錠
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant