サービス終了のお知らせ
坪田まり子
▼人気記事ランキング
概要
坪田 まり子(つぼた まりこ、1960年11月20日 - )は、日本キャリアカウンセラー、元歌手、元女優。本名は坪田 真理子(読みは同じ)。歌手・女優時代の芸名は倉田 まり子(くらた まりこ)。

来歴・人物[編集]

長崎県諫早市出身。日出女子学園高等学校卒業。1974年TBSの番組『家族そろって歌合戦』が長崎県島原市で収録された際、それに出場した事をスカウトマンに見初められて高校1年の時、上京[1]NHKの人気歌番組レッツゴーヤング』のサンデーズの一員として1978年4月からレギュラー出演(〜1981年3月)した。芸名の「倉田」は、師匠で作曲家の当時レッツゴーヤングの司会を務めていた都倉俊一から一字もらった[1]1979年1月にキングレコードから「グラジュエイション」でデビュー。1979年8月に発表されたシングル3曲目「HOW! ワンダフル」のヒットにより人気を確立、第10回日本歌謡大賞放送音楽新人賞・第8回FNS歌謡祭最優秀新人賞・第21回日本レコード大賞新人賞等を受賞。また、石川ひとみに顔がよく似ている事でも話題になった。所属事務所はニューバンブー。

歌手活動の他は、あだち充原作漫画『ナイン』の声優、また、テレビドラマ出演(『気になる天使たち』、『ちょっといい姉妹』等)等で活躍していた。しかし1985年に「投資ジャーナル事件」に巻き込まれた[2]事がきっかけで、本人は関係を全面否定するも、芸能活動から引退する事態に追い込まれた。

芸能界から引退後は、国際法律事務所の秘書、資格試験予備校LECの執行役員・講師を経て2003年に独立起業。坪田まり子の名でキャリア・カウンセラーとして、大学生への就職指導、企業・自治体向けのプレゼンテーション能力向上や営業力強化等の研修ビジネスを手がけ、各地での講演活動を行なっている。2008年からの国立大学法人東京学芸大学特命准教授を経て、2015年4月より東京学芸大学特命教授(キャリア支援担当教授)を務める。

2015年現在、基本的に芸能マスコミとは距離を置く姿勢を取っている他、公式ホームページのプロフィールでは、芸能活動時代について直接触れていないが、一方では自身からのメッセージで、時折、第三者的視点で当時を回想する事がある他、ファンサイト主宰者等による同窓会に参加する等、当時のファンと交流を持つ機会もある。

また、楽曲については一部がCD等で再発売され、活動当時の歌番組・ドラマ等の再放送についても制限されていない。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

※ すべてキングレコード

アルバム[編集]

※ すべてキングレコード

作詞:山上路夫/作曲:都倉俊一/編曲:都倉俊一
翼のない鳥
作詞:山上路夫/作曲:都倉俊一/編曲:田辺信一
落葉のメロディ(Hasta Manana)
作詞:Stig Anderson/作詞:Benny Andersson/作詞:Bj?rn Ulvaeus/日本語詞:亜蘭知子/作曲:Stig Anderson/作曲:Benny Andersson/作曲:Bj?rn Ulvaeus/編曲:清水信之
オリジナル歌手:ABBA
サンセット・キッス
作詞:杉山政美/作曲:木森敏之/編曲:清水信之
(映画 リトル・ロマンス イメージソング)
あなたにめぐり逢えて
作詞:山上路夫/作曲:都倉俊一/編曲:小六禮次郎
グラジュエイション
作詞:山上路夫/作曲:都倉俊一/編曲:川口真
いつかあなたの歌が
作詞:山上路夫/作曲:都倉俊一/編曲:川口真
愛すれど悲し(Hopelessly Devoted to You)
作詞:John Farrar/日本語詞:亜蘭知子/作曲:John Farrar/編曲:清水信之
オリジナル歌手:オリビア・ニュートン・ジョン
エンジェル・アイズ(Angel eyes)
作詞:Benny Andersson/作詞:Bj?rn Ulvaeus/日本語詞:亜蘭知子/作曲:Stig Anderson/作曲:Benny Andersson/作曲:Bj?rn Ulvaeus/編曲:清水信之
オリジナル歌手:ABBA
虹の未来
作詞:山上路夫/作曲:都倉俊一/編曲:小六禮次郎
ストーミー・ウェザー(1980年6月21日、K28A-1)
作詞:亜蘭知子/作曲:都倉俊一/編曲:清水信之
JUNE浪漫
作詞:亜蘭知子/作曲:都倉俊一/編曲:都倉俊一
ラスト・ティーンエイジ・サマー
作詞:亜蘭知子/作曲:都倉俊一/編曲:都倉俊一
イヴニング・スキャンダル
作詞:亜蘭知子/作曲:都倉俊一/編曲:大村雅朗
白昼夢
作詞:亜蘭知子/作曲:都倉俊一/編曲:清水信之
オープニング(HOW!ワンダフル インストルメンタル)
作曲:都倉俊一/編曲:清水信之
スロー・モーション(Slow Motion)
作詞:Laura Davis/作詞:Jimmy Destri/日本語詞:亜蘭知子/作曲:Laura Davis/作曲:Jimmy Destri/編曲:清水信之
(オリジナル歌手 ブロンディ
ユー(You)
日本語詞:亜蘭知子/作曲:T.Snow/編曲:清水信之
内気なジョニー(Joohnny Get Angry)
日本語詞:亜蘭知子/作曲:Hal David/作曲:Sherman Edwards/編曲:清水信之
オリジナル歌手:ジョニー・ソマーズ
ボビーに首ったけ(Bobby's Girl)
作詞:Henry Hoffman/作詞:Gary Klein/日本語詞:亜蘭知子/作曲:Hank Hoffman/作曲:Gary Klein/編曲:清水信之
オリジナル歌手:マーシー・ブレーン
ミッシング・ユー(Missing You)
日本語詞:亜蘭知子/作曲:W.Mattew/編曲:清水信之
ダイアリー(1980年12月5日)
作詞:松宮恭子/作曲:松宮恭子/編曲:石田勝範
Now!ホワッツ・ハプン?
作詞:来生えつこ/作曲:来生たかお/編曲:大谷和夫
さよならレイニー・ステーション
作詞:門谷憲二/作曲:上田知華/編曲:大谷和夫
想い出のウィークエンド・アベニュー
作詞:阿里そのみ/作曲:岡本一生/編曲:石田勝範
サラダ日和
作詞:来生えつこ/作曲:来生たかお/編曲:大谷和夫
タッチ・ミー・イン・ザ・モーニング
作詞:倉田まり子/作曲:稗島寿太郎/編曲:石田勝範
ティーチ・ミー・ラブ
作詞:倉田まり子/作曲:石田勝範/編曲:石田勝範
あなたのセレナーデ
作詞:来生えつこ/作曲:上田知華/編曲:石田勝範
スウィート・リリー
作詞:来生えつこ/作曲:稗島寿太郎/編曲:石田勝範
ダイアリー
作詞:来生えつこ/作曲:小田裕一郎/編曲:石田勝範
グッド・プロポーション(1981年7月21日)
作詞:康珍化/作曲:亀井登志夫/編曲:松井忠重
Good Proportion
作詞:康珍化/作曲:安部恭弘/編曲:松井忠重
そして秋
作詞:山川啓介/作曲:武谷光/編曲:松井忠重
恋のカーテン・フォール
作詞:山川啓介/作曲:武谷光/編曲:松井忠重
赤信号
作詞:喜多條忠/作曲:武谷光/編曲:松井忠重
恋はAmi Ami(Amicalement Votre)
作詞:Hagen Dierks/日本語詞:康珍化/作曲:Jay Alanski/編曲:石田勝範
オリジナル歌手:リオ
恋はライ・ライ・ライ
作詞:亜蘭知子/作曲:長戸大幸/編曲:長戸大幸
ときめきIt's You
作詞:竜真知子/作曲:相沢行夫/編曲:松井忠重
港の恋人
作詞:喜多條忠/作曲:武谷光/編曲:松井忠重
微笑(ほほえみ)エピローグ
作詞:竜真知子/作曲:相沢行夫/編曲:松井忠重
愛の蜃気楼(1982年6月21日)
作詞:千葉稔/作曲:伊豆一彦/編曲:馬飼野康二
微笑(ほほえみ)人形
作詞:古田喜昭/作曲:古田喜昭/編曲:青木望
恋人たちの入江
作詞:竜真知子/作曲:伊豆一彦/編曲:青木望
カナリヤ
作詞:松宮恭子/作曲:松宮恭子/編曲:高田弘
恋はYesterday
作詞:竜真知子/作曲:相沢行男/編曲:桜庭伸幸
夢の裏側
作詞:伊藤アキラ/作曲:米光亮/編曲:竜崎孝路
雨のシンフォニー
作詞:千葉稔/作曲:伊豆一彦/編曲:馬飼野康二
不思議な春
作詞:有馬三恵子/作曲:原川健/編曲:石田勝範
赤いブーツ
作詞:伊藤薫/作曲:伊藤薫/編曲:桜庭伸幸
哀しみの中で
作詞:橋本淳/作曲:武谷光/編曲:竜崎孝路

ライブアルバム[編集]

その他、ベストアルバムLP、カセット数点。CDとしては、1stアルバムの「あなたにめぐり逢えて・・・・」および「アーティストコレクションシリーズ 倉田まり子」(最後の「恋人宣言」を除くシングル盤A面の16曲を収めたベスト盤)が発売された。「超空想ベースボール」(オムニバス)では「真夏のランナー」を収録。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ウルトラマン80 第42話「さすが!観音様は強かった!」(1981年、TBS/円谷プロ) - 本人 役
気になる天使たち(1981年、CX/東宝)- オリエ 役
傑作推理劇場砂の密室(1981年、ANB) - 森春子 役
ちょっといい姉妹(1981年、TBS)- 桃 役
土曜ワイド劇場・目撃・殺人鬼が狙う運命の母と子(1981年、ANB)
火曜サスペンス劇場受験地獄・東大受験 その朝めざまし時計が鳴らなかった」(1982年、NTV
Gメン'82 第2回「アイドル歌手トリック殺人」(1982年、TBS) - 中里ユキ 役
若草学園物語(1983年、NTV)
大江戸捜査網 第591話「女牢しのび肌 禁断の闇化粧」(1983年、TX) - およう 役
若き血に燃ゆる〜福沢諭吉と明治の群像(1984年、TX)- 小谷野クマ 役

CM[編集]

江崎グリコ
東京電力
花王
サッポロ一番(1982年) - 藤岡琢也と共演

著書[編集]

『坪田まり子の士業のためのセミナー講師養成講座』日本法令 2010
『面接で『特A』をとる! 就活で絶対に選ばれる人になる秘訣』静山社文庫 2010
『就活必修!1週間でできる自己分析 エントリーシート・面接で失敗しない方法』さくら舎 2012
『就活必修!面接術受け方・話し方・聞き方 内定が決まる50のコツ 2015』さくら舎 2013
『就活必修!速習7時限面接内定術 2017』さくら舎 2015
『士業者が身につけたい顧客をつかむ面談術』清文社 2016
『就活必修!1週間でできる自己分析 適正がわかる!!自己分析7日間プログラム 2018』さくら舎 2016
『就活必修!速習の面接・インターン 2019』さくら舎 2017

脚注[編集]

外部リンク[編集]

坪田まり子のホームページ
出典:Wikipedia
2020/02/21 07:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant