津波
▼人気記事ランキング
9.津波被害の歴史
9.1.最近のおもな被害例
1983年昭和58年)5月26日 日本海中部地震M7.7。津波死者100人のうち秋田県男鹿半島加茂青砂海岸での遠足の小学生が13人、能代港で護岸工事の作業員が35人など[96]
1993年平成5年)7月12日 北海道南西沖地震M7.8。奥尻島青苗地区で死者109人。津波の第1波は5分後、最大の第2波は10分後に到達し、市街地で観測された最大波高は松前地区での16.8 m、最大遡上高30.6 m。
2004年12月26日 スマトラ島沖地震Mw9.3。津波死者22万人。
2011年3月11日 東北地方太平洋沖地震Mw9.0。津波で約2万人死亡、東京電力福島第一原子力発電所事故で被害が長期化。最大波高は各地で検潮所施設が破壊されて正確な計測ができず。後の調査での最大遡上高は40.1 m[97]
[4]前ページ
(9.津波被害の歴史)
[6]次ページ
(10.津波被害の予想)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/12/12 20:00
ソ人気記事ランキング
2018/12/12 更新
 1位日本
 2位艶堂しほり
 3位12月11日
 4位ディアトロフ峠事件
 5位ジョジョの奇妙な冒険
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant