サービス終了のお知らせ
沈める滝
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
沈める滝』(しずめるたき)は、三島由紀夫長編小説。原題は旧漢字の『沈める瀧』である。を信じないダム設計技師が建設調査の冬ごもりの間、或る不感症人妻と会わないことで人工恋愛合成しようとする物語。ダム建設を背景にした一組の男女の恋愛心理の変化を軸に、芸術と愛情の関連を描いた作品である[1]。人間を圧倒する超絶的な自然環境の中で推移する男の心理、やがてダムによって沈む小さなに象徴される女、人間主義的な同僚との絡み合いを通じ、冷徹な物質の世界と感情に包まれた人間の世界との対比や、社会的効用主義に先んずる技術者芸術家)の純粋情熱暗喩的に描かれ、自然と技術(芸術)との相互関係が考察されている[1][2][3]
1955年(昭和30年)、雑誌『中央公論』1月号から4月号に連載され、同年4月30日に中央公論社より単行本刊行された[4][5]。文庫版は1959年(昭和34年)8月25日新潮文庫より刊行された[5]
目次
1.主題・文体
2.作品背景・モデル
3.あらすじ
4.登場人物
5.文壇の反響
6.作品評価・研究
7.ラジオドラマ・朗読
8.おもな刊行本
└8.1.全集収録
9.脚注
10.参考文献
11.関連項目
出典:Wikipedia
2020/02/14 13:04
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant