サービス終了のお知らせ
鳥居
▼人気記事ランキング
4.形式
4.2.明神鳥居に代表されるもの
明神鳥居は笠木の下に島木があって反りが加えられている。柱は地面に対して少し傾斜(転び)をつけて立てられている。宇佐鳥居以外は笠木と貫を額束で連結して補強している。

明神鳥居
稲荷鳥居(いなりとりい) - 柱と笠木の接合部に台輪が取り付けられている。台輪鳥居(だいわとりい)ともいうが、台輪を付けた鳥居はこれに限るものではない[27]
山王鳥居(さんのうとりい) - 明神鳥居の笠木の上に破風を付けたもの。破風鳥居ともいう。
奴禰鳥居(ぬねとりい) - 島木と柱の間に台輪を持ち、額束の代わりに叉首(さす)を入れる。
三ツ鳥居(みつとりい) - 1つの明神鳥居の両脇に小規模な明神鳥居を2つ付けたもの。三輪鳥居(みわとりい)ともいう 。
中山鳥居(なかやまとりい) - 笠木は明神鳥居と同様に造るが、貫を貫通させない。
宇佐鳥居(うさとりい) - 宇佐神宮の鳥居で額束がない。笠木に桧皮葺の屋根をかける。
両部鳥居(りょうぶとりい) - 主柱を4本の稚児柱で支える。
住吉鳥居(すみよしとりい) - 柱に角材を用いる。住吉大社拝殿内の物は、貫が柱を貫通していない。
[4]前ページ
(4.1.神明鳥居に代表されるもの)
[6]次ページ
(5.1.日本三鳥居)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/22 16:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant