長野駅
▼人気記事ランキング
3.駅構造
3.1.JR東日本・しなの鉄道
計5面9線のホームを持つ地上駅である[5]。在来線ホームは西側3面5線、新幹線ホームは東側2面4線である[1][3][5]

のりば[編集]


定期「かがやき」は12番線(下り)・13番線(上り)発着である。
一部の上り当駅始発「あさま」は11番線・12番線発車である。
かつては1番線が存在したが、2000年のダイヤ改正で廃止[11]され現在その場所は駐輪場となり、欠番である[1]長野県警鉄道警察隊が旧1番線ホームの北長野駅側端部に設置されていたが、ホーム廃止後もそのままの位置に所在している。廃止前は、信越本線「信越リレー妙高」・篠ノ井線普通列車などが到着していた。そして現在はモニュメントが設置され偲ばせている。
現在の2番線はかつての3番線である。島式ホームであったが、旧2番線側軌道面は嵩上げされ、旧1番線とともに駐車場として使用している。
3・4番線は同一ホーム上で、中央で線路が分断されている。安茂里方が3番線、北長野方が4番線となっている[1][5]。かつては線路が繋がっていて、4番線であった。
長野総合車両センター所属の485系」を充当していた臨時列車はたいてい7番線に発着する。
北陸新幹線開業前は7番線に上野駅行きの特急「あさま」の全列車が発着していた。また、北陸新幹線金沢延伸前は7番線から主に信越本線(直江津方面)の普通列車(新幹線接続の妙高号など)が発車していた。
2,3番線を除くすべてのホーム上(北長野駅側端部)にトイレが設置されている。
新幹線は交通バリアフリー法施行以前の開業であり、また通過線はないが全列車が停車するため、可動式安全柵は設置されていない。
在来線のキロポストは高崎起点のものが設置されている。
新幹線は当駅からさらに北側へ行くと、長野新幹線車両センターがある。

発車メロディー[編集]


各番線の発車メロディは以下の通り[12]

在来線ホームでは、全ホームごとに異なったメロディが使われている。テイチク製のメロディを使用しており、長野支社初のテイチク製メロディ採用駅である。2006年2月28日までは全ホーム同じメロディ(チャイムが3回流れるもの)が使われていた。ただし、ワンマン列車については発車メロディを扱わない。

新幹線ホームでは、全ホーム同じメロディが使われている。2015年1月31日から長野県の県歌「信濃の国」が採用されている[8]。2015年1月30日までは五感工房製のメロディが使われていた。

駅舎・改札口[編集]


2015年の北陸新幹線金沢延伸に伴い、長野駅は大庇と列柱を特徴とする、新駅ビルと一体的に建設された5代目駅舎に建て替えられた(善光寺口のみ)。大庇及び列柱は長野市が建設し、JR東日本がそれと一体的に新駅ビルを建設した。その結果、それまで存在していたティリア(飲食店)は取り壊されたほか、ウエストプラザ長野からの歩行者デッキが延長され、新駅ビルとつながった。また、JR長野駅と長野電鉄長野駅とをつなぐエスカレーター及びエレベーターが新設された。またMIDORI横の駐車場は立体駐車場となった。

古くは仏閣駅舎が有名だったが、長野新幹線開業と同時に近代的なデザインの橋上駅舎に改築された(4代目)。延床面積も新幹線駅が約1900m2、在来線駅は約1600m2と、旧駅舎の約2.5倍となった。その一方で、4代目駅舎に対しては一部市民や県外の長野市出身者の間では仏閣駅舎復元を望む声もあり、2007年11月と12月には相次いで、市民や市出身者でつくるグループ「JR長野駅舎復元を願う会」が、JR東日本長野支社と長野市に対し、仏閣型に戻すことを求める署名と請願書を提出した。これに対し、JRと市ともに明確な態度は示していなかった。しかし、2009年7月14日に、長野商工会議所のメンバーが長野支社を訪れ、長野駅を門前町らしい駅舎にしてほしいという要望書をJR側に提出した。これに対しJR側は、関係者の意見などを聞きながら、駅舎改築を検討する旨の回答をした。その上で、2013年1月、JR東日本は北陸新幹線金沢開業時に新駅ビルの建設を決定した。

善光寺口」と「東口」の二つの大きな出入口があり、東西自由通路及び東西連絡地下通路でつながっている。市街地(繁華街)側が善光寺口。東口側は北陸新幹線開業に伴う改修で、ペデストリアンデッキが新設され、「ユメリア北中通り」に直通している。なお、ペデストリアンデッキは現在、一部供用中であり、東口周辺の再開発事業である長野駅周辺第二土地区画整理事業が、2016年度(平成28年度)に完了するまでに、全線供用される予定である。

直営駅駅長配置)であり、篠ノ井線の姨捨駅稲荷山駅および信越本線の篠ノ井駅 - 安茂里駅間の各駅を管理している。

改札口は在来線改札、新幹線改札、新幹線・在来線乗り換え改札、ミドリ口改札の合計4か所があり、すべて自動改札である。2008年3月15日のダイヤ改正において新幹線で、JR東日本のモバイルSuica特急券のサービスが開始されたことにあわせ、新幹線改札や新幹線・在来線乗り換え改札において、モバイルSuicaが利用できるようになった。また、2016年3月26日のダイヤ改正でSuica FREX/FREXパルの利用ができるようになった。なお、ミドリ口改札は在来線側のみにあり、係員もいないため、新幹線を利用する場合や、自動改札を利用できない切符は利用できない。在来線改札と新幹線改札、みどりの窓口(営業時間:5:30 - 23:00)、びゅうプラザなどは、善光寺口と東口を結ぶ自由通路(橋上)に面している。

また、2015年3月14日から在来線の駅がしなの鉄道との共同使用駅となることから、同年2月28日よりしなの鉄道の発券窓口が在来線改札脇(かつての落とし物相談所)に併設された[9]。ただし、発売している券種は、北しなの線及び連絡運輸を行っている飯山線と妙高はねうまラインの切符、それに一部の企画乗車券と「ろくもん」の指定席プランの切符のみである。

駅構内の一部の店舗及び併設されているMIDORI長野の店舗では、Suica(相互利用可能なJR各社、および他社局のIC乗車カードでも)が利用可能である。

自動体外式除細動器 (AED) が在来線コンコースの改札口近く、在来線コンコースのトイレ前、新幹線コンコースの改札口近くなどに設置されている。

3代目駅舎(仏閣型)[編集]
1936年善光寺御開帳の年に合わせて建てられた3代目長野駅舎は、撞木造りと唐破風を取り入れた日本風のデザインで、仏閣型駅舎として大社駅奈良駅二条駅などと並んで全国に知られていた。設計は城俊一、施工は佐藤組[13]。鉄筋コンクリ?卜造だが、和風建築の造形美を出すために屋根の部分だけは木造だった[14]。善光寺境内にあった如是姫像も同駅舎建設に合わせて駅前に移設された。1998年長野冬季オリンピック開催に合わせて新幹線の開通が決まり、平成8年に4代目の橋上駅舎が完成し、保存要求もあったようだが、旧駅舎は取り壊された[15]。このとき如是姫像も撤去されたが、観光振興のストーリー作りのため、のちに駅前広場に再び設置された[16][17]。ありし日の姿は、映画『略称・連続射殺魔』(1969年)、『君よ憤怒の河を渉れ』(1976年) などで見ることができる。

貨物取扱・専用線[編集]


JR貨物の駅は専用線発着の車扱貨物の取扱駅であるが、2009年3月14日のダイヤ改正以降は貨物列車の発着がなくなっている。

2009年3月までは、駅北側から分岐する東京瓦斯保有の専用線に接続していた新潟燃商長野油槽所向けに、根岸駅から灯油などの到着があった。また、かつてはサンリン向けLPG輸送でも使用されていた。晩年は臨時専用貨物列車篠ノ井駅から1本のみ設定され、積車を牽引し到着していた。返送列車は北長野駅へ向かった後、篠ノ井駅へ戻る形となっていた。

専用線発着以外の一般向けの車扱貨物は1968年まで行われ、善光寺口(西口)側商業地付近に貨物ホームがあった。コンテナの取扱に対応するため、北長野駅へ移設された。



[4]前ページ
(2.歴史)
[6]次ページ
(3.2.長野電鉄)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/09/01 10:31
ソ人気記事ランキング
2018/09/19 更新
 1位樹木希林
 2位安室奈美恵
 3位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 4位AV女優一覧 あ行
 5位山本徳郁
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant