サービス終了のお知らせ
長田時行
▼人気記事ランキング
1.生涯
1.1.初期
1860年に岡山藩士長田三右衛門の息子として生まれる。1868年(明治元年)岡山藩立学校に入学する。その後、海軍兵学校を目指すが挫折する。
次に、ミッションスクールの築地大学校に入学する。しかし、1875年(明治8年)築地大学校は廃校し、玉藻学校に転校する。次に、ジェームス・バラの主宰する横浜バラ学校に入学する。その時にキリスト教に目が開かれる。
1877年(明治10年)実家の事業の失敗により岡山に戻り、中川横太郎の助手を務める。1880年に新島襄と出会い、同志社速成邦語神学科に入学するが、2カ月で退学する。次に、新島の紹介で湯浅治郎に師事し、安中教会に仕える。和田正幾と元良勇次郎に招かれ、耕教学舎の幹事を務める。[1]
[6]次ページ
(1.2.洗礼)

1. 『日本キリスト教大事典』p.256

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/12/26 03:31
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant