長谷川きよし
▼人気記事ランキング
1.経歴
東京教育大学附属盲学校(現・筑波大学附属視覚特別支援学校)卒業。
緑内障のため2歳半で失明し、全盲となる。高校三年生のときシャンソン・コンクールに4位入賞。1969年、「別れのサンバ」でデビュー。発売直後はあまり反響のなかった曲ではあったが、深夜放送で流れるようになると、フォーク世代の若者から支持され、大ヒットとなった。デビュー当時からサンバやボサノヴァといったブラジル音楽を取り入れた作風を得意としている事も特徴である
超絶的なギター演奏と、透明度の高い声によるバラードで人気を博す。盲目である事やギタリストである事などの共通点から日本のホセ・フェリシアーノと評されていた。参議院議員選挙では、無党派市民連合公認で、比例区から立候補するが落選している。最初の妻は津島玲の名で作詞を手がけていた。
[6]次ページ
(2.1.シングル)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/11/04 21:31
ソ人気記事ランキング
2018/11/18 更新
 1位日本
 2位自殺
 3位アフタヌーンショー
 4位奈良小1女児殺害事件
 5位日本における死刑
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant