長子相続
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
長子相続(ちょうしそうぞく)は、直系卑属にあたる長子(一般には長男)が相続するという形態[1]
前近代社会では相続によって継承されるものは個人的な私有財産ではなく家産であると考えられていた[1]。相続の第一目的は直系家族の維持(家の存続)であるとされ、それに最も適合的だったのが長子相続であった[1]。つまり子のうち親との年齢差が最も少ない長子が相続することが父系的な継承線の維持にとって最も合理的と考えられていた[1]
目次
1.欧州
├1.1.古代
├1.2.中世
└1.3.近代
2.日本
├2.1.江戸時代まで
├2.2.明治維新から第二次世界大戦まで
└2.3.第二次世界大戦後
3.脚注
└3.1.注釈・出典
4.関連項目
5.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/10/21 20:01
ソ人気記事ランキング
2020/01/27 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位東出昌大
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant