長崎市への原子爆弾投下
セルライト|スピリチュアル|霊感
お得!送料無料企画
送料無料アイテムが7800万点以上
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
3.長崎原爆投下の背景と経緯
3.3.プルトニウム生産原子炉
前述の通り、プルトニウムは自然界に極微量しか存在しない超ウラン元素である。従いプルトニウム原爆の第一の関門は如何にしてプルトニウムを生産するかである。プルトニウムはウラン238中性子を吸収し、二段階のベータ崩壊を起こしてプルトニウム239に変換することにより生成する。この過程を効率よく行う課題があった。
1941年12月の日本軍の真珠湾攻撃により太平洋戦争大東亜戦争)が勃発した。この直後、シカゴ大学アーサー・コンプトンは「冶金研究所」(Metallurgical Laboratory, 隠蔽のために無関係な名称が付けられた)にてプルトニウムの研究を開始する。研究のため、コンプトンはエンリコ・フェルミ、レオ・シラード、グレン・シーボーグなど核分裂の研究者をシカゴ大学に呼び集めた。
1942年5月、プルトニウム増殖の技術研究の原子炉シカゴ・パイル1号 (CP-1) の開発が開始した。原子炉CP-1はシカゴ大学キャンパス内のアメフト場 (Stagg Field) に作られ、その年の12月にはパイルは臨界実験に成功する。1942年8月には、シーボーグは計量可能量のプルトニウムの分離に成功する。しかしCP-1はプルトニウムの実生産にはスケールが小さすぎるため、直ちに実生産プラントの計画が始まった。プルトニウム原爆の製造に必要量のプルトニウムを生産するためには、巨大設備が必要であることが判明した。
なお、1942年5月にはジェームズ・コナントJames Bryant Conant, ハーバード大学総長およびNational Defense Research Committee議長)より、ウラン原爆とともにプルトニウム原爆の開発に着手するよう、科学研究開発局局長のヴァネヴァー・ブッシュに進言している。
ブッシュらは巨費を要する原爆の開発・製造を国家事業とするようにルーズベルト大統領に提言し、大統領はこれを承認した。これをうけ、1942年9月にレズリー・グローヴスを統括指揮官とする秘密国家プロジェクト「マンハッタン工兵管区」が開始された。通称マンハッタン計画と呼ばれる原爆の開発・製造プロジェクトである。
マンハッタン計画の下、プルトニウム生産の巨大プラント建設が始まった。
無料相性占い|内職|現金
姓名判断|看護助手|星座占い
勝った翌日ポイントアップ!
楽天イーグルス&ヴィッセル神戸応援企画
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(3.2.超ウラン元素プルトニウム)
[6]次ページ
(3.4.長崎原爆投下都市の選択)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/10/02 17:31
浮気|婚活|さそり座
転職|手相|相性占い
ソ人気記事ランキング
2017/10/23 更新
 1位徳島ラジオ商殺し事件
 2位青木歌音
 3位相棒の登場人物
 4位10月22日
 5位中二病でも恋がしたい!
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant