長崎市への原子爆弾投下
▼人気記事ランキング
2.長崎原爆の威力
長崎原爆はプルトニウム239を使用する原子爆弾である。このプルトニウム原爆はインプロージョン方式で起爆する。長崎原爆「ファットマン」はTNT火薬換算で22,000t(22kt)相当の規模にのぼる。この規模は、広島に投下されたウラン235の原爆「リトルボーイ」(TNT火薬15,000t相当)の1.5倍の威力であった。

長崎市は周りがで囲まれた特徴ある地形であったため、熱線爆風が山によって遮断された結果、広島よりも被害は軽減されたが、周りが平坦な土地であった場合の被害想定は、広島に落とされた「リトルボーイ」の威力を超えたとも言われている。

仮に最初の標的であった小倉市に投下されていた場合、平坦な土地が広がり、本州九州の接点に位置するために、関門海峡が丸ごと被爆し、小倉市および隣接する戸畑市若松市八幡市門司市、即ち現在の北九州市一帯と下関市まで被害は広がり、死傷者は広島よりも多くなっていたのではないかと推測される[26]

[4]前ページ
(1.3.帰還)
[6]次ページ
(3.長崎原爆投下の背景と経緯)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/07/10 13:30
ソ人気記事ランキング
2018/07/15 更新
 1位梶居勝志
 2位麻原彰晃
 3位BANANA FISH
 4位土谷正実
 5位7月14日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant