長崎市への原子爆弾投下
▼人気記事ランキング
1.原爆投下時
1.3.帰還
ボックスカーは長崎市上空を離脱する際には残燃料約1000?であり、計算では沖縄の手前120kmから80kmまでしか飛べないと考えられた。スウィーニーはエンジンの回転数を落とし徐々に降下することで燃料を節約し、午後2時に沖縄県読谷飛行場に緊急着陸した[25]。残燃料は僅か26?であったという。着陸後、スウィーニーはドーリットル空襲で名を馳せたアメリカ第8航空軍司令官ジミー・ドーリットル陸軍中将と会談した。燃料補給と整備が終了したボックスカーとグレート・アーティストは17時過ぎに離陸、23時06分にテニアン島に帰還した。
[4]前ページ
(1.2.長崎上空)
[6]次ページ
(2.長崎原爆の威力)

25. 伊江飛行場とする説もあるが、スウィーニー少佐はその回想記の中では読谷管制塔を呼び出し着陸したとしている[6]

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/03/18 23:01
ソ人気記事ランキング
2018/05/24 更新
 1位栗城史多
 2位津川雅彦
 3位エジプト航空804便
 4位5月23日
 5位朝丘雪路
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant