超電子バイオマン
▼人気記事ランキング
12.他媒体展開
12.8.日本国外における展開
フランスで吹替版が放送され、高い人気を得た[132][133]
アメリカ合衆国では1985年サバン・プロダクションズが1話につき1万ドルで国際放映権を取得し[133]、本作品をベースにアメリカで撮影した映像を組み合わせた作品『Bio-Man』(監督・脚本 - シュキ・レヴィ)を制作するが[134][135]、放送には至らなかった[135]。1990年代初頭にFoxチルドレンネットワーク社長のマーガレット・ローシュが『Bio-Man』を見たことがパワーレンジャーシリーズ制作のきっかけとなっている[135]
[4]前ページ
(12.7.CS放送・ネット配信)
[6]次ページ
(13.1.注釈)

132. 「緑の章 World パワーレンジャー」『スーパー戦隊 36LEGENDS』 日之出出版、2012年、92頁。
133. 豊永真美「パワーレンジャーをヒットさせた男−ハイム・サバンと日本のコンテンツ」、『一橋ビジネスレビュー』2010 WIN、東洋経済新報社2010年、 40頁、 。
134. “Kidd Stuff : A Crop of New Shows Sprouts From Saban Firm's TV Success”. ロサンゼルス・タイムズ. 2014年5月24日閲覧。
135. “Haim Saban, producer, in Hollywood, Washington, Israel”. ザ・ニューヨーカー (2010年5月10日). 2015年6月3日閲覧。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/05/15 11:00
ソ人気記事ランキング
2018/05/20 更新
 1位西城秀樹
 2位かぐや姫の物語
 3位会津若松母親殺害事件
 4位神の国発言
 5位星由里子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant