超電子バイオマン
▼人気記事ランキング
12.他媒体展開
12.8.日本国外における展開
フランスで吹替版が放送され、高い人気を得た[135][136]

アメリカ合衆国では1985年サバン・プロダクションズが1話につき1万ドルで国際放映権を取得し[136]、本作品をベースにアメリカで撮影した映像を組み合わせた作品『Bio-Man』(監督・脚本 - シュキ・レヴィ)を制作するが[137][138]、放送には至らなかった[138]。1990年代初頭にFoxチルドレンネットワーク社長のマーガレット・ローシュが『Bio-Man』を見たことがパワーレンジャーシリーズ制作のきっかけとなっている[138]

[4]前ページ
(12.6.漫画版および雑誌展開)
[6]次ページ
(13.1.注釈)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/07/15 00:00
ソ人気記事ランキング
2018/07/15 更新
 1位梶居勝志
 2位麻原彰晃
 3位BANANA FISH
 4位土谷正実
 5位7月14日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant