調音方法
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
調音方法(ちょうおんほうほう、: manner of articulation)は、調音に際して、喉頭以上の調音器官の形や動きによって発声器官内の空気の流れを制御したり、発声器官内で発生する音声の共鳴の仕方を変化させたり、新たな音を発生あるいは追加したりして、さまざまな母音子音を発生させる方法を言う。調音方法の多くは多数の調音部位に共通して適用されるが、すべての調音方法がすべての調音部位に適用されるわけではない。各調音方法の日本語の名称は、「方法名+音」で表され、その方法によって生成される音声の総称名と同じであることが多い。調音法あるいは調音様式ともいう。
目次
1.分類
├1.1.気流の妨害
└1.2.気流の通り道
2.肺臓気流機構
3.咽頭気流機構
4.軟口蓋気流機構
5.関連項目
出典:Wikipedia
2015/11/08 22:31
ソ人気記事ランキング
2019/12/06 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位井上真樹夫
 4位HR 8799 d
 5位HR 8799 b
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant