朝日新聞
▼人気記事ランキング
2.論調の変遷
2.2.大正時代
大正デモクラシー期には憲政擁護運動の一角を担い、当時の寺内正毅内閣を批判した[59][60][61][62]。また、1918年の米騒動では新興財閥鈴木商店に対して、の買い占めを行っている悪徳業者であると攻撃した[63][64]。これにより、鈴木商店は米価の高騰に苦しむ民衆の反感を買い、同年8月12日に焼き打ちされた。この事件を再調査した城山三郎は、当時の鈴木商店が米を買い占めていた事実はなく、焼き打ちは大阪朝日新聞が事実無根の捏造報道を行って米騒動を煽ったことによる「風評被害[65]であり、鈴木商店と対立していた三井と朝日の「共同謀議」という仮説を立て、ノンフィクション小説として発表している[63]。これに関連して、寺内内閣を批判した記事に書かれていた「白虹日を貫けり」という字句が新聞紙法の「朝憲紊乱」に当たるとして当局に発禁を迫られ、同年10月15日に編集局幹部らが退社し、同記事を執筆した記者は有罪となり社を追われた(白虹事件)。事件後、朝日新聞は「不偏不党」「評論の穏健妥当」などを標榜する綱領を発表した[66]
第一次世界大戦後は軍縮支持[67]シベリア出兵反対[68]普通選挙実施を主張し[69]反軍リベラルの論調だった。しかし、満州事変以降は概して対外強硬論を取るようになり[52][71]、軍部への迎合に転換し、第二次世界大戦終了までは戦争賛美の論調だった[52]。背景には在郷軍人会神社関係者による不買運動があり、営業面を考慮した結果だったとされる[52]
[4]前ページ
(2.1.創業期から明治時代)
[6]次ページ
(2.3.昭和時代の第二次世界大戦終結以前)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/14 02:30
ソ人気記事ランキング
2019/09/18 更新
 1位日本
 2位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 3位熊谷連続殺人事件
 4位凪沢怜奈
 5位池田大作
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant