注意報
▼人気記事ランキング
7.日本以外の事例
日本以外の気象当局でも警報類に階級を設けていて、概念は同じではないが、日本の気象庁の「注意報」に相当する主なものとして以下が挙げられる。

アメリカ合衆国 -"Advisory":現象が発生しているときで、"Warning"(警報に相当)ほど重要な状況ではないが、まだ現れていないが大きな影響が生じる場合、生命や財産を脅かす事態に発展する可能性がある場合に発表される[15]Severe weather terminology (United States)(英語版)も参照。
「警報」「注意報」のような2区分ではなく、噴火警戒レベルのような警戒レベルを用いている地域もある。

中華人民共和国 - 警報・注意報の類として、3 - 5段階の警戒レベルにより区分した「?警信号」がある。地方により異なる。注意報相当の区別は困難[16][17]熱帶氣旋警告(中国語版)も参照。
[4]前ページ
(6.歴史)
[6]次ページ
(8.脚注)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/16 22:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/22 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位菊池桃子
 4位新潟少女監禁事件
 5位清美川梅之
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant