サービス終了のお知らせ
中日新聞東海本社
▼人気記事ランキング
概要
中日新聞社 > 中日新聞 > 中日新聞東海本社 中日新聞東海本社(ちゅうにちしんぶん とうかいほんしゃ)は、静岡県浜松市東区に本社を置く日本新聞社中日新聞社の地域本社である。対象地域は静岡県(伊豆地方の一部を除く)。

概要[編集]

1912年(明治45年)、中日新聞の前身紙のひとつである新愛知が浜松市で同紙の付録紙『駿遠日報』(すんえんにっぽう)を現地印刷・発行したのが始まりで、新愛知は1923年(大正12年)に静岡市で『駿河新聞』(するがしんぶん)の現地印刷を開始。1942年(昭和17年)の新聞統制(一県一紙令)で「駿遠」「駿河」は静岡県下の新聞数紙と合同して『静岡新聞』を創刊する。

1981年(昭和56年)4月28日、中日新聞の静岡県内での発行部数拡大のため、これまで名古屋本社で発行されていた静岡県版の印刷・発行を目的に「中日新聞東海本社」を設立し(浜松支局から昇格)、静岡県向けの発行を開始した。東海本社の社屋は1980年(昭和55年)9月1日に完成し、1981年3月16日付から浜松での現地印刷を開始した(4月27日付までは名古屋本社発行版を浜松で印刷。その翌日から東海本社版第1号を発行)。中日新聞社全体でコンピュータによる写真植字システム(CTS)をいち早く導入したのも東海本社である。

静岡県内では静岡新聞が県内全域で高いシェアを誇っているが、中日新聞は浜松市など遠州地方(特に浜松都市圏)で購読者が多い。特に湖西市では静岡新聞より中日新聞の方が人気が高く、湖西市の飲食店等では中日新聞しか置いていない店舗も多い。一方で、静岡市を中心とした県中部では、各世帯単位での購読はきわめて少ないものの、ブロック紙の位置づけとして企業や役所での購読、図書館などでの配置はみられる。

日本ABC協会発表のデータによると、中日新聞遠州版・静岡新聞西部版発行エリア(同一地域)では、静岡新聞西部版の発行部数が約19.4万部に対して、中日新聞遠州版の発行部数は約13.6万部となっている。

月ぎめ購読料金は、朝夕刊セットの場合4,037円(三大全国紙と同額)だが、朝刊単独購読の場合は2,983円である。2014年3月までは静岡新聞(朝夕刊セット)と同額の2,900円だった。静岡県以外で中日新聞の朝刊単独購読をする場合は月ぎめ3,086円となっており、他地域とは異なる購読料金設定となっている。

中日新聞のキャッチコピーは「新聞は中日」だが、静岡県内では「読みたい中日 読まれる中日」を利用している。静岡新聞は専売店を置かず、全国紙販売店に委託して販売されているが、中日新聞は静岡県内でも一部を除いて専売店を置いている。そのため、一部地域では夕刊が翌日の朝刊と同時配達となる場合がある(特に専売店が少ない中部に該当地域が多い)。中日スポーツの静岡県内で販売する分も東海本社で印刷されている(番組表のみ静岡向けに差し替え)。なお、広告も名古屋本社に委託している。希に岐阜県三重県の企業や名古屋のマスコミなど広告も掲載している。

一面題字の地紋は、稲穂富士山ピアノ浜名湖静岡茶オートバイ四輪乗用車みかんなど静岡県の名所・特産品が刻まれている。また朝夕刊とも、発行所住所クレジットの下記に「しずおか(富士山のイラスト)」と表記されている。

2017年10月に、新聞を刷る大きな巻紙から生まれたとされるキャラクター「ロールちゃん」が登場したが[1]、2019年10月に「ふーちゃん」に交代した。変更理由は「企業秘密」とされている[2]

「静岡特報」・「静岡経済」・「静岡スポーツ」など、地元密着の特集企画も掲載している。静岡新聞と同様「茶況」欄も設けている。

2016年12月、新たな印刷工場が浜松市北区新都田(都田テクノポリス内)に完成し、東海本社版の朝夕刊と中日スポーツおよび名古屋本社発行の愛知県東三河地方向けの朝刊の印刷を開始した。新工場は2万7000平方メートルの敷地に、3階建ての工場棟などがあり、日本初となる自動版着脱装置を備えた輪転機や、廃液を出さない無処理刷版などの設備を導入し、災害時の際にも新聞印刷ができる免震構造で建設され、自家発電機や大型用紙倉庫などを備えている。また、中日新聞の工場では初となる見学者コースを設けている[3]

東京新聞静岡版[編集]

東部・伊豆地方及び中部地方では、中日新聞東京本社が発行する東京新聞の配布エリアとも重なることから、一部を除き、これらでは東京新聞と併売されている。ただし、東京新聞は朝刊のみの統合版となっている。また、中部地方では専売店を通じた宅配が中心で、キヨスクコンビニでの即売はほとんど行われていない。

なお、東京新聞の静岡県版も東海本社が編集している。主として東部・伊豆地方の話題・ニュースをメインとしたダイジェスト的なページとなる。また、東京キー局の連続ドラマなどの広告もまれに掲載している。

中日新聞系のスポーツ新聞[編集]

中日新聞系発行のスポーツ新聞については、以下の棲み分けがなされている。

東部・伊豆…東京中日スポーツのみ販売
中部…東京中日スポーツと中日スポーツの併売
西部…中日スポーツのみ販売
キヨスクやコンビニでの即売も上述の棲み分けとなっているが、一部取扱の異なる場所がある。

沼津駅のキヨスクでは、東京中日スポーツとあわせて中日スポーツも購入可能である。

放送番組表[編集]

テレビ[編集]

番組表は全域でNHK静岡放送局総合EテレテレしずあさひテレビSBS静岡放送Daiichi-TVを最終面フルサイズ、NHKBS1BSプレミアムBS日テレBS朝日BS-TBSBSテレ東BSフジWOWOWプライム・ライブ・シネマ、スターチャンネル1BS11BS12トゥエルビを最終面ハーフサイズ掲載、BSスカパー!DlifeJ SPORTS1・2・3・4を中面クォーターサイズで掲載している。
番組解説欄では、テレビ静岡は「テレしず」、静岡朝日テレビ(あさひテレビ)は「あさひ」、静岡放送は「SBS」、静岡第一テレビ(Daiichi-TV)は「静岡第一」と、それぞれ表記される。
中面には隣接エリアの地上波テレビ局番組表がハーフサイズで掲載されている。
西部版・中部版(2017年1月-)にはCBCテレビ東海テレビテレビ愛知メ〜テレ中京テレビの在名準キー5局の番組表が掲載されている。
かつては、中部版には日本テレビTBSテレビフジテレビテレビ朝日テレビ東京の在京キー5局の番組表が掲載されていた。

ラジオ[編集]

中面にNHK第1・第2、FM、SBSラジオ、K-mixCBCラジオ東海ラジオFM AICHIZIP-FMおよびコミュニティ放送FM Haro!(浜松エフエム放送)の各局を中サイズで、TBSラジオ文化放送ニッポン放送RFラジオ日本ラジオNIKKEIを小サイズで載せてある。ラジオ欄の局名表記(カット割り)の下部には他地域の中日新聞とは異なり、放送局の問い合わせ電話番号が記載されている。
SBSラジオ、K-mix以外はradikoプレミアムでも聴くことができる。

東京新聞静岡版[編集]

2018年9月までは、静岡県域民放テレビ4局・民放ラジオ2局の番組表を県域面でハーフサイズ掲載していた。NHK静岡局の番組表はテレビ・ラジオともに非掲載だった(中面掲載の関東地方向け番組表で補完)。
2018年10月から、静岡県域民放テレビ4局は中面でフルサイズ掲載されるようになった。同時にNHKテレビも東京局の番組表から、静岡局の番組表となった。あわせて、東京新聞サンデー版の「週間テレビガイド」も、静岡県内向けに限り中日東海本社版と同一内容になった。変更の理由は、県内CATV局で行われていた在京キー局(日本テレビ、TBSテレビ、フジテレビ、テレビ朝日)の区域外再放送完全終了である[4]。なお、ラジオ番組表はNHK・民放ともに従来どおりとなっている。

本社[編集]

静岡県浜松市東区薬新町45番地 郵便番号435-8555

印刷工場[編集]

静岡県浜松市北区新都田一丁目3番4号

脚注[編集]

) (2019年10月2日). “こんにちは。”. twitter. 2019年11月1日閲覧。 “今日からロールちゃんはお役御免で、私「ふーちゃん」が新たなTwitterの顔になりました。交代理由は企業秘密です。”

関連放送事業者[編集]

テレビ静岡(SUT)
静岡朝日テレビ(SATV)
静岡エフエム放送(K-mix)
浜松エフエム放送(FM Haro!)

外部リンク[編集]

中日新聞しずおか
中日新聞東海本社版のご案内
中日新聞東海本社編集局 (@chunichi_tokai) - Twitter
出典:Wikipedia
2020/02/22 17:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant