サービス終了のお知らせ
中日新聞社
▼人気記事ランキング
10.岐阜県内の事情
地元の地方新聞である岐阜新聞とは岐阜県におけるシェアを巡り犬猿の仲であると言われる。かつて中日ドラゴンズの監督交代を巡る騒動の中で、中日側が岐阜県内の拡販を狙って岐阜県出身者の高木守道の登用を強く促したと言われるほどの特異性を持つ(他社マスコミによって報じられた)。
岐阜県域独立局である岐阜放送(ぎふチャン)のテレビ電波送信は、名古屋市内の大半で受信困難なほどに名古屋方向へのスピルオーバーを抑えている。一方、同じ独立局である、中日傘下の三重テレビ放送はスピルオーバーをほとんど制限していないため、名古屋市内をはじめ、愛知県内の多くの地域でも視聴が可能である。
また、ぎふチャンラジオでは、中日ドラゴンズの試合結果を放送するときに、一般的な「中日対巨人」などという言い方ではなく「ドラゴンズ対巨人」などと言い換えている。ぎふチャンテレビでの中日戦中継はビジター戦のみである。
ただし、岐阜新聞・岐阜放送の公式webサイト上の文章では、「中日」を使用している。
またビジター戦の内、東京ヤクルトスワローズ主催ゲームについては、中日新聞東京本社東京新聞)と関係が深いTOKYO MXの制作である。また、以前放送されていた横浜ベイスターズ主催ゲームを制作していた(現在は完全自社製作からTBSからの映像購入と独自映像挿入に移行したため、独立局へのネットが制限された)tvkも、中日新聞社が主要株主である。
1980年代末期には、CBCで放送できない場合に、CBC制作でぎふチャンテレビで放送された例があった。この時期の中日新聞の経営陣は、岐阜新聞との関係が険悪でなかった大島派(後述)だった模様。その後は、放映権が広島球団側にある長良川球場での広島主催中日戦でこの形態での放送が行われた。
なお、ぎふチャンラジオは在中京AM(中波)・FMの民放ラジオ全8局中、長らく唯一中日資本が直接・間接共にない局であった[注 4]。このためか、2010年9月30日までは、愛知県内では中日新聞のみ極小サイズで番組が掲載されていた[注 5]
2010年代に入り、中日新聞が岐阜放送に資本参加し、2015年3月31日現在では12,000株(2.00%)の株式を保有している[4]
毎年夏に開催されている長良川の花火大会が中日新聞主催の全国選抜長良川中日花火大会と岐阜新聞主催の長良川全国花火大会と2つ存在するのも対抗意識の表れと言われる。ちなみに開催回数については岐阜新聞主催の方が多いが、開催日については例年、中日新聞主催の方が先行する。
中日成立前の前身である名古屋新聞(小山家)・新愛知(大島家)と岐阜新聞の前身・岐阜日日新聞との関係は、愛知県西部や岐阜・三重県を主な地盤とした前者とは競合関係で犬猿の仲だった一方、後者は三河地域を中心とした愛知県東部が地盤で、直接の競合が少なかったためか良好だったとされる。
また、現在も前述の通り一部で共同で行っている事業があるほか、東京本社(東京新聞)との関係は直接競合しないためか険悪ではない模様。連載小説「親鸞 激動編」や共同通信の連載「仮面の家」(後に同名で単行本化[注 6])など、岐阜新聞と東京新聞とでデイリーニュース以外で共通の配信があることもある。
[4]前ページ
(9.1.地元放送局及び関東独立局への影響力)
[6]次ページ
(11.その他)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/17 00:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant