中心後回
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
中心後回(ちゅうしんこうかい、: Postcentral gyrus)は大脳の外側面にある脳回の一つ。頭頂葉の最も前側に位置し、特徴的な構造として大脳表面の分類の重要な目印となる。体の各部位から体性感覚の入力を受け取る領域であり、機能的な分類では一次体性感覚野と呼ばれる。この領域は元々ペンフィールドによる表面刺激の研究によって定義された。細胞構築学的な分類では、この領域はブロードマンの脳地図における3、1、2野におおよそ当たる。ただカース (Kaas) は最近の研究で、他の感覚受容野との相同性から、3野のみを"一次感覚野"とするべきである、としている。これは3野が感覚入力領域からの視床皮質投射の情報の大部分を受けているためである。
目次
1.中心後回
2.ブロードマンの脳地図における3、1、2野
3.臨床的重要性
4.参考画像
5.関連項目
出典:Wikipedia
2014/02/10 11:04
ソ人気記事ランキング
2019/09/21 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位逆鉾昭廣
 4位9月20日
 5位熊谷連続殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant