中国
▼人気記事ランキング
2.史書に現れる「中国」
紀元前にはすでに「中国」の文字は史書に現れていた。

書経の「梓材」に現れるもの
詩経の「大雅」の「生民之什」の章の中の「民勞」に現れるもの
無縱詭隨 以謹無良 式遏寇虐 ?不畏明 
柔遠能邇、以定我王 その後の歴代王朝の正史二十四史でも使用され続けているが、その範囲と概念は時代とともに変化している。

[4]前ページ
(1.概要)
[6]次ページ
(3.1.古典的用法)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/13 15:32
ソ人気記事ランキング
2019/07/17 更新
 1位日本
 2位しみけん (AV男優)
 3位伊藤春香 (編集者)
 4位7月16日
 5位ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant