サービス終了のお知らせ
中国放送
▼人気記事ランキング
8.テレビ
8.1.テレビネットワークの移り変わり
1959年4月1日 - テレビ放送開始。日本テレビラジオ東京テレビ(KRT)・フジテレビ・日本教育テレビ(NETテレビ・現在のテレビ朝日)の番組から任意の番組をネットするオープン編成であった。
1959年8月1日 - ニュースネットワークJNN発足と同時に加盟。以降、ラジオ東京テレビ(現、TBSテレビ)を編成の中心とする。
1962年9月1日 - 広島テレビ放送(HTV)開局により大半の日本テレビ・フジテレビ、一部のNETテレビの番組が同局へ移行。以降、TBSテレビ・NETテレビの2局を編成の主軸とする。
1967年6月 - 民間放送教育協会に加盟。
1970年12月1日 - 広島ホームテレビ(UHT・現HOME)開局。これにより日本テレビ・フジテレビの番組の大半がHTVまたはUHTに移行し、NETテレビ・毎日放送(MBS)の番組の大半がUHTに移行されるが、『モーニングショー』などのワイドショー番組は視聴者保護の観点から共有という形でネットを継続した。なお、編成やスポンサーの都合でNET・MBSの番組の相当数は、引き続きRCCでも放送された他、また、編成によってはHTV・UHTから外れた日本テレビ・フジテレビの番組が最小限放送されることがあった。
1971年4月1日 - NETテレビのワイドショー番組のネットを打ち切り、UHTに一本化。ただし、『八木治郎ショー』(MBS制作)についてはスポンサーなどの関係でUHTへの移行が1971年10月改編時となった(この間UHTはドラマなどの再放送番組や外部配給番組を編成)。
1975年3月31日 - UHTと関西発全国ネット番組を交換。JNNの準キー局朝日放送(ABC)から毎日放送(MBS)に変更し、腸捻転が解消されたことによる。なお、MBS制作番組については一部RCCにネットされていた番組もあったため、一本化される形となった。また、ABC制作番組も、一部の番組は暫定的に編成に残った。
1975年10月1日 - テレビ新広島(TSS)の開局により民間放送教育協会制作分を除く殆どのNETテレビ系列(ABCも含む)の番組がUHTに移行され姿を消し、日本テレビ・フジテレビの番組の個別購入もほとんど行わなくなり、TBS系列のマストバイ局となる。
なお、民教協制作分は脱退・移行しなかったため、ネット継続。また、1979年頃までUHTでの編成から漏れた番組を番組販売でネット継続していたため、完全に消えたのは1980年ごろである[注 12](この間・NETテレビはテレビ朝日に名称を変更していたため、民教協扱い以外でも「テレビ朝日」名義の番組がRCCへネットされていたことになる)。
[4]前ページ
(7.7.過去に放送した番組)
[6]次ページ
(8.2.送信所・主な中継局)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/18 18:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant