中国産食品の安全性
▼人気記事ランキング
2.国際社会の反応
2.4.日本の反応
日本における中国産輸入食品は量自体が他国に比して多いこともあるため、2007年9月時点で違反数、問題発生数もワースト1位であった[21]。さらに2007年12月下旬から2008年1月にかけて中国製冷凍餃子事件が発生した。また、マクドナルドチキン中国産のために、品質が心配されている。このには、抗生物質や成長ホルモン剤をたっぷり注射したものである。冷凍餃子にはメタミドホス有機リン系殺虫剤が混入していた。それ以降、中国産野菜の輸入は急減し、2008年2月は前年同期比の4割減[22]、2008年全体でも25%減となった[23]。これは消費者の中国食品への疑念が影響したものである。

冷凍餃子事件など比較的注目を集めた安全性問題が複数起こったことによりメディアによる中国産食品に関する報道が増えたため、中国産輸入食品の違反率や問題発生率が他国からの輸入食品のそれに比べて極端に大きいかのような印象がもたれ、中国産食品のイメージの悪化から、中国地方にある中国食品工業がその名前が中国と関連していることから風評被害を受けて2007年8月に倒産するという事態も生じた[24]

しかし、食品の輸入量に対する違反件数、問題発生件数の割合(違反件数 or 問題発生数÷輸入量)に関しては、中国産輸入食品の違反率、問題発生率は共に中国以外の国からの輸入食品の違反率、問題発生率よりも低い値となっている[25]

[4]前ページ
(2.3.アメリカ合衆国)
[6]次ページ
(2.5.韓国)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/31 19:01
ソ人気記事ランキング
2019/08/20 更新
 1位日本
 2位玄倉川水難事故
 3位千と千尋の神隠し
 4位雅樹ちゃん誘拐殺人事件
 5位二・二六事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant