中華人民共和国
▼人気記事ランキング
3.歴史
3.4.江沢民から現在まで
天安門事件から江沢民が台頭した。1992年、それまで「従業員と企業が保険料を社会統括基金に全額上納していた」年金制度を改め、上納先に個人口座が加えられた[25]。1998年に投資信託制度が開始された[26]。2001年に国内の資産運用会社は社会保障基金の運用管理業務を認められた[26]。2002年、中国は適格海外機関投資家に対して上海・深?市場でのA株売買を認めた。2005年、資産運用会社は企業年金の運用管理業を認められた[26]。2006年、適格海外機関投資家の国内証券市場投資がルール化された。2007-8年、資産運用会社は投信運用管理業務と一般法人投資顧問業を認められた[26]。2009年現在、適格海外機関投資家のトップ10は、首位からUBSシティグループフォルティスグループクレディ・スイス日興アセットマネジメントドイツ銀行モルガン・スタンレーHSBC野村證券INGグループである[27]。全部で85機関が認定されており(同年7月現在)、アビバのような保険会社もふくまれている。中国の人口、すなわち年金市場は、国家支配を脱却したまでは良かったが、適格海外機関投資家をふくむ資産運用会社が大衆貯蓄をシャドー・バンキング・システムに振り向ける構造へ変わった。人口の高齢化は企業の抱える年金債務を増やしたので、官民挙げて一人っ子政策を緩和し保険料収入の増加に努めている。

[4]前ページ
(3.3.ケ小平時代)
[6]次ページ
(4.1.国土の外観)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/07/18 21:00
ソ人気記事ランキング
2018/07/15 更新
 1位梶居勝志
 2位麻原彰晃
 3位BANANA FISH
 4位土谷正実
 5位7月14日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant