全日本女子プロレス
▼人気記事ランキング
3.体制
3.7.野外興行
野外興行は全日本女子の名物の1つだった。当初は前述のように公共施設の使用を断る自治体が多くサーキットの編成の障害にもなっており、全日本女子は野外興行を増やすという方針を取ることにした。野外会場を取り囲むシート、パイプ椅子、売店用のテントも自前であったため屋内会場よりも経費が掛かったという。そのため、おいそれと中止にはできず、雨が降っても雨天強行で開催していた。

野外会場近くの商店などに割引優待券を置かせてもらったところ野外会場に気軽に脚を運んでくれる客が増えた。野外会場でも会長の松永高司が直接焼く焼きそばが人気を博していた。さらに前半戦が終わるとミゼットレスラーが自由席の客に対して「500円を払えば自由席から指定席への変更ができる」と声をかけていたこともあった。

1997年の全日本女子の経営破綻後の野外興行は減少したが2004年まで継続された[11]

[4]前ページ
(3.6.地方興行)
[6]次ページ
(3.8.三禁)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/15 00:00
ソ人気記事ランキング
2019/11/17 更新
 1位日本
 2位沢尻エリカ
 3位伊藤綾子
 4位滝口幸広
 5位11月16日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant