全日空羽田沖墜落事故
▼人気記事ランキング
1.事故の経緯
1.4.単独機として史上最悪の事故
導入されてまだ間もない最新鋭機であったことや、日本における初の大型ジェット旅客機の事故で、ほぼ満席の乗客(多くはさっぽろ雪まつり観光客)と乗員の合計133人全員が死亡し、単独機として当時世界最悪の事故(この事故が発生するまでは1962年6月3日パリオルリー空港で発生し、130人が死亡したエールフランス007便離陸失敗事故が単独機として世界最悪の航空事故であった)となったこともあり、世界中から注目を集めた。

乗客にはスタンダード靴の懸賞当選者(約5,000人の応募者の中24人が当選)や関連会社の社員が含まれており、また団体客や接待旅行に参加していた出版業界の関係者(旭屋書店創業者の早嶋喜一柴田書店創業者の柴田良太、月刊自家用車初代編集長の清田幸雄、美術出版社社長の大下正男らを含む)など多数が巻き込まれたため、大きく報道された。また、被害が甚大であったことから2月4日から同年5月10日にかけて、海上自衛隊自衛艦隊横須賀地方隊災害派遣された。

[4]前ページ
(1.3.墜落確認)
[6]次ページ
(2.1.調査)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/05 01:01
ソ人気記事ランキング
2019/09/19 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 4位9月18日
 5位凪沢怜奈
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant