サービス終了のお知らせ
全国高等学校野球選手権千葉大会
▼人気記事ランキング
概要
全国高等学校野球選手権千葉大会(ぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんちばたいかい)は、千葉県で開催されている全国高等学校野球選手権の地方予選大会。

概要[編集]

全国で4番目に参加校数の多い激戦区域。実力的に伯仲した学校が多い上、大都市圏の地方大会の中では、非常に公立の高校が健闘していることが特筆される(その様子は、メディアや、高校野球ファンの間で「戦国千葉」と形容されることもある)。これらの影響で千葉大会の独立開催以後、連続出場を果たしたのは1973年〜1974年の銚子商、1996年〜1998年の市立船橋(1998年は西千葉代表)、2012年〜2013年および2016年〜2018年の木更津総合(2018年は東千葉代表)の4例に留まっている。(千葉大会の独立開催以前は、南関東代表として1931年〜1932年および1935年〜1936年の千葉中、1939年〜1940年の千葉商、1946年〜1948年の成田(1946年・1947年は旧制中学)、東関東代表として1970年〜1971年および1973年〜1974年の銚子商が甲子園へ連続出場を果たした。)

第80回記念大会より、大会回数の下1桁が0の大会時(西暦の下1桁が8の年)のみ、東千葉と西千葉の2ブロックに分けて予選を行う(ブロックの分け方は後述)[1]

なお、第63回優勝の銚子西は、2008年に第61回優勝の市立銚子に統合されている(公式記録も合算されているため、次に優勝すれば、「〇年ぶり3回目(の甲子園出場)」と表記されることになる)。

2018年7月21日より熱中症予防の対応策として、3回、6回終了時にグラウンド整備、散水を実施する[2][3]

2019年の第101回大会では、松戸関宿流山の連合チームが1回戦で行徳、2回戦で清水に勝利を収め、千葉県大会として初めて連合チームが勝利を挙げた。[4]

歴史[編集]

千葉県勢は1918年第4回大会から地方予選に参加。
1972年の第54回大会までは千葉大会の上位校が2次予選へ進出し、全国大会への出場校を決めていた[5]。なお1958年1963年1968年の予選は記念大会で1県1代表となったため、2次予選は開催されなかった。

記念大会における東西の境界線について[編集]

習志野市船橋市市川市浦安市鎌ケ谷市松戸市柏市流山市野田市我孫子市白井市印西市八千代市佐倉市四街道市を「西千葉」、それ以外の地域を「東千葉」としてブロック分けされている。なお、1998年及び2008年の記念大会では、千葉市が「東千葉」ではなく「西千葉」と、我孫子市、白井市、印西市(合併前の本埜村印旛村も含む)、八千代市、佐倉市、四街道市が「西千葉」ではなく「東千葉」とされていた。

使用される球場[編集]

※使用球場に命名権が付いている場合は、正式名称と併記する。

現在使用されている球場[編集]

千葉マリンスタジアム(ZOZOマリンスタジアム)(千葉市美浜区、開会式および4回戦以降(決勝含む)で使用される。2019年は千葉県野球場の一部代替として、1回戦からの全日程で使用される[6]。)
千葉県野球場(千葉市稲毛区、準々決勝まで使用される。2011年は東日本大震災でスタンドが一部損壊したため、2019年は全面改修工事のため、いずれも使用されない[6]。)
青葉の森スポーツプラザ野球場(千葉市中央区
船橋市民球場(船橋市)
習志野市秋津球場(第一カッター球場)(習志野市)
成田市営大谷津球場成田市北千葉道路の整備に伴い2015年〜19年は使用されない)
市原臨海球場(ゼットエーボールパーク)市原市、2011年・2018年東千葉大会・2019年は準々決勝まで使用される)
袖ケ浦市総合運動場野球場(袖ケ浦市
市川市国府台球場(市川市)
県立柏の葉公園野球場(柏市、2011年から使用。2018年西千葉大会は準々決勝まで使用された。)
長生の森公園野球場茂原市、2011年から使用)
大栄野球場(ナスパスタジアム)(成田市大栄地区、大谷津が使用されない間の代替会場)
浦安市運動公園野球場(浦安市、2019年のみ千葉県野球場の代替会場として使用[6]
基本的に、千葉マリンスタジアムと千葉県野球場以外は、概ね3回戦までの使用。柏の葉・市原臨海は準々決勝までで使用されることがある。

過去に使用された球場[編集]

千葉公園野球場(千葉市中央区)
千葉寺公園野球場(千葉市中央区、青葉の森球場に移設)
八千代市総合運動公園野球場(八千代市、2011年まで)

歴代代表校[編集]

1941年は県予選のみ実施
参加校数は日本高野連の発表に基づき連合チームを1校としてカウント

高校別全国大会出場回数[編集]

要綱等[編集]

入場料は大人600円・学生100円
2回表・裏攻撃前に球場内に校歌が流される。

延長は15回までとなっているが、1日に3試合組まれている球場では、その日の最終試合でなければ試合開始から3時間半を超えて同点の場合、次のイニングに入らず引き分け再試合となる。

7月20日(休日の場合は直近の平日)は、県内各高校で終業式のため、天候や大会の進捗にかかわらず調整日として試合は行われない。雨天中止などで前日までに順延があった場合でも、当該日は午後のみ試合が行われる(例として、2015年7月17日(金曜)は元々終業式に伴う調整日だったが、前日16日に台風11号の影響で全試合中止となり、17日午後のみに試合が設定された)。

2019年より、従来の終業式による調整日に加え、準々決勝の翌日、準決勝の翌日も調整日とすると予定されていた[7]。しかし、2019年7月は千葉県を含めた関東地方で雨天が相次ぎ日照不足になるなどの異常気象に見舞われ[8]、雨天中止が相次いでしまった。その結果、当初予定より大幅な組み換えとなり、本来ならば終業式当日で調整日になるはずの7月19日は午前中から試合が行われるなど、この年は異例づくめの対応となった。

2016年は、7月10日に参議院選挙が行われ、この選挙より18歳以上に選挙権が与えられることから、一部選手や応援団などに選挙権があることや、丁度この時期が県内各高校の期末試験であることに配慮し[9]、イレギュラー対応を行うことになった。例年開会式後に行われる開幕試合(1回戦1試合)は、この年より行われなくなった。なお、20日の終業式に伴う調整日も例年どおり設定される。当初の予定では、前日7月9日に開会式を行った後、10・11日は調整日として試合を行わず、試合は12日から開催される予定だった。しかし、雨で開会式が10日に順延。結果論だが、選挙と日程が重なった。

2020年は7月24日から東京オリンピックが開幕し、主会場である千葉マリンスタジアムに隣接する幕張メッセでも一部の競技が行われるため混乱を回避することや高校の期末試験などを避ける目的でイレギュラー対応となり、7月1日から21日までの開催予定となっている。また、千葉マリンスタジアムでも千葉ロッテマリーンズ横浜DeNAベイスターズ[11]の主催試合で使用できない期間があるため、該当日は別会場での開催となる[12]

試合中継[編集]

千葉テレビ放送[編集]

千葉テレビ放送(CTC・チバテレ)にて、開会式と、1回戦から決勝まで生中継(後述のとおり、1回戦の中継を行わない時期があった)。

基本的に大会前半を千葉県野球場(2011年は市原臨海球場または青葉の森公園野球場)、後半は千葉マリンスタジアムの試合を中継する。2004年までは1回戦から放送されていた。2005年から2010年までは開幕試合の中継はなかった。2013年以降は1回戦も032チャンネルで放送され[13]ていたが、2016年以降は1回戦も通常の031チャンネルで中継される。また、これまで準々決勝は千葉マリンスタジアムの2試合のみ中継されていたが、こちらも2016年以降は031チャンネルで千葉マリンスタジアムの2試合、032チャンネルで県野球場の2試合を中継し、4試合すべて中継対象になる[14]。2019年は千葉マリンスタジアムで1回戦から全日程で開催され、同球場を中心とした中継になる[15]

2009年までは標準画質映像での中継であったが、2010年から千葉マリンスタジアム、2011年から全試合でハイビジョンでの中継を行っている。

2012年以降はメインチャンネルの放送枠以降も試合が続いている場合、地上デジタル放送のマルチ編成(032チャンネル)を使用して中継を継続する。

2015年から[16]朝日放送テレビ朝日新聞社運動通信社(スポーツブル)が共同運営している「バーチャル高校野球」内でも同時配信している。2018年は準々決勝からライブ配信され、準々決勝は2球場とも配信[17]。2019年は1回戦(一部試合を除く)からライブ配信を行った[18]

長年使用している中継のテーマ曲は、「スパーツ将軍」。かつては、試合中継におけるスポンサーがたくさん存在したため、その名残でロールテロップにて表示している(現在も、1試合につき概ね10社以上のスポンサーが存在している)。

試合中継とは別に、ダイジェスト番組として、試合日の夕方には『高校野球ダイジェスト 白球ナイン』(旧:『速報!今日の高校野球』→『高校野球全力応援TV ガチファン』)、夜には『高校野球ダイジェスト』が放送される。

その他のメディア[編集]

NHKは決勝戦のみ関東ブロックで総合テレビ[19]・関東ローカルでEテレ[20]のどちらかで放送される。
ラジオNHK千葉FM放送で準決勝・決勝が生中継される[21]2019年は決勝のみに変更[22]かつては文化放送が決勝戦を中継していたことがあった

県内のケーブルテレビ(J:COM広域高速ネット二九六いちはらコミュニティー・ネットワーク・テレビイースト・コミュニケーションズ)で柏の葉公園野球場で行われる全試合を生中継する(2014年から)。2016年は柏の葉(1-3回戦)に加え千葉県野球場(4・5回戦)の試合を生中継する[23]

脚注[編集]

出典:Wikipedia
2020/02/22 13:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant