第5世代移動通信システム
▼人気記事ランキング
2.使用シナリオ
2.1.高速大容量
5Gでは、急増し続ける通信トラフィックへの対応が課題となっており、無線周波数帯の確保が重要視される。また、通信スピードをより高速にするため、これまでの世代より高い周波数帯を用いる予定である。それらの周波数帯では、電波の直進性も(これまでの世代より)高くなることから、携帯電話基地局の影では電波が届きにくくなり、その点をカバーするには多数の携帯電話小型基地局(マイクロセル)を数十メートル単位で設置する必要が出てくることになる。通信速度の高速化は、シャノン=ハートレーの定理により、高消費電力も招きうるものであるため、モバイル環境での電池容量の確保も、技術的な課題となっている。もっとも、モバイル環境における、安定した電力確保の問題は、第3世代移動通信システムから続く、永続的な問題でもある。

[4]前ページ
(2.使用シナリオ)
[6]次ページ
(2.2.低遅延)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/22 14:32
ソ人気記事ランキング
2020/01/22 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位菊池桃子
 4位新潟少女監禁事件
 5位清美川梅之
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant