第3世代移動通信システム
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
第3世代移動通信システム(だいさんせだいいどうつうしんシステム)とは、国際電気通信連合 (ITU) が定める「IMT-2000」 (International Mobile Telecommunication 2000) 規格に準拠した通信システムのこと。ITUは5種類の地上系通信方式と6種類の衛星系通信方式を1999年に勧告した。日本の例では、NTTドコモソフトバンクワイモバイルが採用しているW-CDMA方式(欧州ではUMTS方式と呼ばれる)やKDDI沖縄セルラー電話連合の「au」が採用しているCDMA2000 1x(CDMA2000 1xRTT、当初はCDMA2000)方式がある。ITUでは、2007年11月現在、世界100か国以上の700を超えるネットワークで8億以上の加入者が存在するとしている。一般的に英語の「3rd Generation」から、「3G」と呼ばれる。
目次
1.概要
├1.1.標準化の経緯
├1.2.IMT-2000規格
└1.3.3Gの展開
2.日本の状況
├2.1.ユーザー数
├2.2.日本の周波数割り当て
└2.3.略年表
3.日本以外の状況
├3.1.アメリカ合衆国
├3.2.中国
└3.3.ロシア
4.参考資料
5.関連項目
6.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/11/10 16:03
ソ人気記事ランキング
2019/11/20 更新
 1位日本
 2位沢尻エリカ
 3位元千葉ロッテマリーンズ投手強盗殺人事件
 4位小川博
 5位メチレンジオキシメタンフェタミン
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant